Autumn Leaves 枯葉 一カ月でマスター 計画編

まず現状の確認、マスターしたといえる状態を考えてみます。

現状

以前Somethin’ jazz clubに行った時の音源を聞きなおします。
あぁ。。。死にたい。
全世界にへたくそな演奏が。。。
自分で聞くのはかなり苦行。。。。

ここからわかる課題。

‐課題1 リズム感がない。(特に低音の立ち上がりがずれる)
-課題2 フレーズ感があまりない。(フレーズを2つぐらいしか使えていない)
-課題3 コードの分散和音を覚えていない。
-課題4 エンディングフレーズを持っていない。
-課題5 高音の立ち上がりが悪い。
-課題6 一音一音切れている感じがある。(フレーズを覚えている部分はそうでもない)

マスターって言ってもある程度定量的なものがないと評価できないので、以下をゴールとして設定します。
・ゴールの定義
-フレーズが2コーラスで8つ以上使える。
‐コード分散の8分音符フレーズが使える。
-リズムに乗って演奏できる。
-エンディングフレーズが使える。

次に一カ月でマスターするためのスケジュールを考えてみます。
スケジュール
■1週目:
楽器を触らずにやること1 フレーズを耳コピ、雑誌などから8つ記録する。
楽器を触らずにやること2 コード分散和音を覚える
楽器を触ってやること1 フレーズを4つ体に叩き込む。40-160までいろいろなテンポで(マイナスワンアプリを使って)
(遅いテンポでやった方がリズム感がつくみたいです)

■2週目:(基本1週目のつづき)
楽器を触らずにやること1 コード分散和音を覚える
楽器を触ってやること1  1週目続きでフレーズ残り4つを叩き込む

■3週目:コード分散和音のみで4小節を練習しまくる。エンディングフレーズを耳コピする。

■4週目:通しでやってみる。

ルール:週末はカラオケなどに行き練習結果をyoutubeにアップする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です