Autumn Leaves 枯葉 コード進行の解析と使えるスケール

今回の内容が分かると枯葉のコード進行のどこでどのようなスケールを使えばよいかが分かり、少しジャズっぽく演奏できるかと思います。
またほかの曲の分析をするときにも役立つと思います。

まずは枯葉のコード進行の一部を記述します。(いろいろな解釈がありますが、以下のものを採用します)
キーはC(テナーサックス用のものです)で考えます。

Dm7 G7 CM7 FM7
Bm7(♭5) E7 Am7 A7
Dm7 G7 CM7 FM7
Bm7(♭5) E7 Am7 Am7

Cメジャーのダイアトニックコードは以下のものです。
※ダイアトニックについてはこちらをご参照下さい。

コード名 構成音
CM7 CEGB トニック
Dm7 DFAC サブドミナント
Em7 EGBD トニック
FM7 FACE サブドミナント
G7 GBDF ドミナント
Am7 ACEG トニック
Bm7(b5) BDFA ドミナント

基本的にはCメジャースケールを使えばよいのですが、E7、A7がダイアトニックじゃないですね。
E7についてはBm7(♭5)→E7→Am7(マイナーツーファイブワン進行)なのでAハーモニックマイナースケールを使えばよいです。(Cメジャースケールの5度の音を半音上げ)
詳しくはこちらをご参照下さい。

次にA7について考えてみましょう。
ポイントはA7→Dm7となっている部分です。
Aを5度と考えると、Dは1度の音ですね。(A(5),B(6),C(7),D(1))
つまりここもマイナーのファイブ ワン進行となっています。
ということはA7の部分はDハーモニックマイナースケール(D,E,F,G,A,B♭,C#)を使えばよい!ということになります。

まとめると
基本はCメジャーでOK
E7はGではなくG#を
A7はBではなくB♭、CではなくC#を使う!

無料コード暗記用androidアプリ~コード覚え~に対応しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です