You’d be so nice to come homeコード解析と使えるスケール

You’d be so nice to come homeコード分析(inB♭)をしていきます。

BフラットではキーはCです。

■1~4小節目
Am → Bm7(♭5) → E7 → Am
マイナーのツーファイブワンということでE7ではAハーモニックマイナースケールを使えばよいです。(Cメジャースケールの5度の音を半音上げ)
詳しくはこちらをご参照下さい。
他はダイアトニックコードなのでCメジャースケールで行けます!

■5~8小節目
Gm → C7 → FM7
FM7以外はノンダイアトニックです。。。
ただよくよく見てみるとFをキーにしたメジャーツーファイブワンです。
ということでFメジャースケールで行けます。
→CメジャーでBをB♭にするだけでOKです。

■9~12小節
Bm7(♭5) → E7 → Bm7(♭5) → E7 → Am
ツーファイブからのツーファイブワンです。
Cメジャースケールで行けます!

■13~16小節
F#m7(♭5)→ B7 → Bm7(♭5) → E7 →(Am)(17小節目)
F#m7(♭5)→ B7 はノンダイアトニックですが、これも例のごとくツーファイブです。
EメジャーのツーファイブということでEメジャースケールをつかえばよいです。

そのあとはAマイナーのツーファイブワンです。

■17~28小節
1~4、5~8、13~16小節と同じです。

■29~32小節
(Am7)(28小節目) → D7 → G7 → C → Bm7(♭5) → E7 → Am
Am7→D7はDメジャーに解決するファイブワンです。
またG7はDのダイアトニックの4度なのでここまでDメジャースケールで行けます。

C以降はCメジャースケールで!

無料コード暗記用androidアプリ~コード覚え~に対応しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です