But not for meコード解析と使えるスケール

But not for me コード分析(inB♭)をしていきます。
ピアノではキーはE♭
Bフラット管ではキーはFです。
私はテナーサックス(Bフラット管)吹きなのでBフラット管での分析を行います。

ダイアトニックコードを書き出します。※ダイアトニックについてはこちら参照

ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(b5)
FM7 Gm7 Am7 A#M7 C7 Dm7 Em7(b5)

キーがFなのでベースはFメジャースケールで演奏します。
Fメジャー(F,G,A,A#,C,D,E)

■1~4小節 
G7 → C7 → F → Am → D7
<演奏方法>
・G7では♭5の音(C#)を使え!
・C7 → F はFメジャースケール
・Am → D7はGメジャースケール(Fメジャーとの差分 B♭→Bに C→C#)

<解説>
・G7では♭5の音(C#)を使うといいと書いてありました。(いきなり解説になっていない笑)
・C7 → F はキーがFの 5-1
・Am → D7はキーがGの 2-5

■5~8小節 
G7 → C7 → F → Cm → F7 → A#M7(9小節目)
<演奏方法>
・G7では♭5の音(C#)を使え!
・C7 → F はFメジャースケール
・Cm → F7 → A#M7はA#メジャーのツーファイブワン!(Fメジャーとの差分 E→D#)

<解説>
・Cm → F7以外は1~4と同じ
・Cm → F7はキーがA#の2-5

■9~12小節 
A#M7 → E♭7 → F → Em7(♭5) → A7 → Dm7(12小節目)
<演奏方法>
・E♭7はコード分散(D#,G,A#,C#)特にD#とC#を使うべし!
・FはFメジャースケール
・Em7(♭5) → A7 → Dm7はFメジャーのマイナーツーファイブワン!

<解説>
・A#M7に関しては前の小節の続き
・E♭7 謎です。。。とりあえずコード分散

■13~16小節 
Dm7 → G7 → Gm7 → C7
<演奏方法>
・Dm7 → G7はCメジャーのツーファイブフレーズ!(Fメジャーとの差分 B♭→B)
・Gm7 → C7はFメジャーのツーファイブフレーズ!

■17~24小節
1~8小節とおなじ

■25~28小節
A#M7 → E♭7 → F → D7
<演奏方法>
・E♭7はコード分散(D#,G,A#,C#)特にD#とC#を使うべし!
・FはFメジャースケール
・D7はコード分散(D,F#,A,C)特にF#を使うべし!

<解説>
・A#M7に関しては前の小節の続き
・E♭7 謎です。。。とりあえずコード分散
・D7謎です。。。とりあえずコード分散

■29~32小節
Gm7 → C7 → F → D7
<演奏方法>
・Gm7 → C7 → F
・FはFメジャーのツーファイブワンフレーズ!
・D7はコード分散(D,F#,A,C)特にF#を使うべし!

<解説>
・D7謎です。。。とりあえずコード分散

無料コード暗記用androidアプリ~コード覚え~に対応しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です