Softly, as in a morning sunriseコード解析と使えるスケール(in B♭)

Softly, as in a morning sunriseコード分析(inB♭)をしていきます。
曲名ほどさわやかな感じではないですよね。
ジャズスタンダード!って感じの曲です。
こちらも枯葉に並んで初心者にお勧めの一曲です。

BフラットではキーはFメジャーです。
ダイアトニックコードはFM7、Gm7、Am7、A#M7、C7、Dm7、Em7-5
ダイアトニックコードに関してはこちらをご覧ください。

■1~4小節目
Dm7 → Em7-5 → A7 → Dm7 → Em7-5→ A7
Em7-5 → A7 はマイナーツーファイブですね。
Em7-5 → A7 → Dm7はマイナーツーファイブワンです。

■5~8小節目、9~12小節
1~4小節目とおなじです。

■13~17小節
Dm7 → Em7-5 → A7 → Dm7 → Gm7 → C7 →F
Em7-5 → A7 → Dm はマイナーツーファイブワンからの~
Gm7 → C7 →F メジャーツーファイブワンです。

■18~21小節
Gm7 → Am7-5 → D7 → Gm7
A#メジャーに移調してます。
Am7-5 → D7 → Gm7はキーがA#のマイナーツーファイブワンです。

■22~25小節
E7 → Em7-5 → A7 → Dm
E7はコード分散和音を
Em7-5 → A7 → Dmはマイナーツーファイブワンです。

■25~28小節、29~32小節
1~4小節目とおなじです。

暗い雰囲気が漂う曲だけあってマイナーツーファイブワンフレーズが多用されていますね!
マイナーツーファイブワンを練習するのにうってつけです!

覚えるべきフレーズ
・2小節マイナーツーファイブワン
Em7-5 → A7 → Dm7

・3小節マイナーツーファイブワン
Am7-5 → D7 → Gm7
Em7-5 → A7 → Dm7

・2小節メジャーツーファイブワン
Gm7 → C7 →F 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です