1度から始まるファイブ(ドミナントセブンス)のフレーズ



1段目はアプローチノートを使ったフレーズ案
2段目はホールトーンスケールを使ったフレーズ案です。

2つ目のフレーズの前半(G→F→E→D)はオクターブ変わっていますが、スケール下降です。
スケール下降時にオクターブを上げ下げするというのも一つのテクニックですね。
また二つ目のフレーズの終わりは半音進行で4小節目のEの音を目立たせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です