Hank MobleyのRecado Bossa Novaアドリブ耳コピと解析-1

Hank MobleyのRecado Bossa Novaがめちゃめちゃかっこいいと思い耳コピしてみました。

まずは1-4小節

Recado Bossa Novaのキーなどの基本情報

C譜で、キーはGmです。
Gmのキーの曲はダイアトニックコードは
Gm,Am7-5,A#M7,Cm,D7,D#M7,F#7(♭5)
トニックはGm,A#M7
サブドミナントはAm7-5,Cm,D#M7
ドミナントはD7,F#7(♭5)
詳しくは2.ダイアトニックコードをご参照ください。

耳コピしたフレーズと解析

コード進行は最初の2小節はGm,次の2小節はD7です。

1-2小節目

とても分かりやすくコード分散和音で構成されています。

3-4小節目

なんとなくこんなフレーズ好きなのですが、解析してみると単純でした。
D7の構成音はD,F#,A,Cです。
A→E→G#→E→G→E→F#という順で演奏しています。
このEの部分を抜くとA→G#→G→F#という半音下がり進行です。

なんでEというダイアトニックの音が入っているかは今の私ではわかりませんが、、、7thコードの2小節のフレーズとして使えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です