カテゴリー別アーカイブ: ジャズ練習

ドミナント7th-2小節フレーズ(Hank MobleyのRecado Bossa Novaより)

Hank MobleyのRecado Bossa Novaから耳コピしたドミナント7thのフレーズです。
C7th,C#7th・・・の順で記載しています。

フレーズ解析

・開始はコードの5度の音、終了はコードの3度の音です。
・奇数番号目の音(1,3,5,7)は半音ずつ下がります。
・偶数番号目の音はメジャースケールの2度(9度)の音です。

覚え方のコツ

2度の音がなかなか出てこない方へのおすすめ
開始はコードの5度を思い浮かべます。
そして5度をルートとしたトライアドを思い浮かべ、その5度を思い浮かべます。
その音が二度です。
例:Cの5度→G、Gの5度→D

トレーニング

irealを用いて7thフレーズトレーニング を開いて練習しましょう。

コルトレーンのメジャー2-5パターンの解析と類似フレーズ作成方法

コルトレーンのメジャー2-5パターン

Youtubeで2-5を探していたら良いものがありました。

ちょっと読みにくいので書き起こしてみました。

フレーズ解説

コード進行はDm7→G7です。

・1小節目前半の4音
→Dmの【5 3 1 5】の構成音です。

・1小節目後半の4音と2小節目の最初の音
→G7の3度の音に向けて表拍(5,7)音は半音ずつ下がります。
→裏拍(6,8)音はDmの5度のまま

フレーズアイディアを使ってフレーズ作成方法

作成したフレーズのご紹介(コード進行Dm→G7)

作り方
フレーズ後半部分
1.ターゲット音を決める(Gのコード構成音から)
2.できる限りコード構成音を使い半音進行での下がり方、上がり方を決める(表拍を決める)
3.裏拍の音をコード構成音から決める

フレーズ前半部分
4.適当にコード構成音を当てはめる

フレーズアイディアを使ってフレーズ作成例

コード進行Dm→G7

参考
Dmの構成音 D,F,A
G7の構成音 G,B,D,F

1.ターゲット音を決める(Gのコード構成音から)

ターゲット音はGとする

2.半音進行での下がり方、上がり方を決める(表拍を決める)

A→G#→Gと半音ずつ下がる。
AはDmの構成音

A ? G# ? G

3.裏拍の音を決める

AとGは使われているためDとする。

A D G# D G

4.適当にコード構成音を当てはめる

F D A D F A D G# D G

瞬時にフレーズを作る練習

1.コード構成音を覚える
2.フレーズ後半部分のパターンを覚える
1は基礎練ということで割愛
後半部分のパターンは以下の3要素が決まれ場システマチックに作れます。
このパターンを体に叩き込む練習です。

終着音×終着音へ上昇で行くか、下降で行くか×裏拍の音
これをもとに作成してみました。

終着音 上昇/下降 裏拍の音 フレーズ
G 上昇 D F D F# D G
G 上昇 A F A F# A G
G 下降 F A F G# F G
G 下降 D A D G# D G
B 上昇 F A F B♭ F B
B 上昇 D A D B♭ D B
B 下降 F D F C# F C F B
B 下降 A D A C# A C A B
D 上昇 F A F B♭ F C F C# F D
D 下降 A F A E A E♭ A D

これを一般化すると

開始音 終着音 上昇/下降 裏拍の音
Ⅰの3度 Ⅴの1度 上昇 Ⅰの1度
Ⅰの3度 Ⅴの1度 上昇 Ⅰの5度
Ⅰの5度 Ⅴの1度 下降 Ⅰの3度
Ⅰの5度 Ⅴの1度 下降 Ⅰの1度
Ⅰの5度 Ⅴの3度 上昇 Ⅰの3度
Ⅰの5度 Ⅴの3度 上昇 Ⅰの1度
Ⅰの1度 Ⅴの3度 下降 Ⅰの3度
Ⅰの1度 Ⅴの3度 下降 Ⅰの5度
Ⅰの5度 Ⅴの5度 上昇 Ⅰの3度
Ⅰの3度 Ⅴの5度 下降 Ⅰの5度

東京事変 母国情緒をアレンジしたメジャーツーファイブワン

あ

東京事変 母国情緒をアレンジしたメジャーツーファイブワンフレーズです。
コード進行はDm7→G7→Cです。

フレーズ解析

すべてコードのルート音を起点にアプローチノートを使って構成しています。

Dm7 G7 CM7
D C# D G# G C

メジャーペンタトニック/マイナーペンタトニック一覧

メジャーペンタトニックスケール、マイナーペンタトニックスケールの一覧です。
またフレーズのアイディアも記載しました。

メジャーペンタトニックスケール一覧

メジャーペンタトニック一覧
メジャーペンタトニック一覧

メジャースケールから4度、7度を抜いた構成なのでシナ抜きと言われたりします。
ちなみにブルースはメジャーペンタトニック一発でも演奏できます!
メジャーペンタにブルーノートスケール、コードのアルペジオなどを用いるといいと思います。

Cメジャーペンタトニック C D E G A
C#メジャーペンタトニック C# E♭ F A♭ B♭
Dメジャーペンタトニック D E F# A B
E♭メジャーペンタトニック E♭ F G B♭ C
Eメジャーペンタトニック E F# A♭ B C#
Fメジャーペンタトニック F G A C# D
F#メジャーペンタトニック F# A♭ B♭ C# E♭
Gメジャーペンタトニック G A B D E
A♭メジャーペンタトニック A♭ B♭ C E♭ F
Aメジャーペンタトニック A B C# E F#
B♭メジャーペンタトニック B♭ C# D F G
Bメジャーペンタトニック B C E♭ F# A♭

マイナーペンタトニックスケール一覧

マイナーペンタトニック一覧
マイナーペンタトニック一覧

AマイナーペンタとCメジャーペンタは同じ構成音です。

Cマイナーペンタトニック C E♭ F G B♭
C#マイナーペンタトニック C# E F# A♭ B
Dマイナーペンタトニック D F G A C#
E♭マイナーペンタトニック E♭ F# A♭ B♭ C#
Eマイナーペンタトニック E G A B D
Fマイナーペンタトニック F A♭ B♭ C E♭
F#マイナーペンタトニック F# A B C# E
Gマイナーペンタトニック G B♭ C# D F
A♭マイナーペンタトニック A♭ B C E♭ F#
Aマイナーペンタトニック A C D E G
B♭マイナーペンタトニック B♭ C# E♭ F A♭
Bマイナーペンタトニック B D E F# A

フレーズアイディア

四度差
四度差


四度差の音を使って並べてみました。
スケールはCメジャーペンタです。
E A D G Cと並べただけですが、モダンな雰囲気ですよね。

オーギュメントコード(aug)一覧

オーギュメントコード一覧

オーギュメントコード一覧
オーギュメントコード一覧

オーギュメントコード(aug)の一覧です。
メジャーコードを覚えていれば5度を半音あげるだけです!

実は4グループ覚えればオーギュメントコードはすべて覚えられる!

また以下の4グループを覚えればオーギュメントはすべて覚えられます。

構成音 コード
C E A♭ Caug Eaug A♭aug
D♭ F A D♭aug Faug Aaug
D F# B♭ Daug F#aug B♭aug
E♭ G B E♭aug Gaug Baug

CのAug→CEA♭、EのAug→EA♭C、A♭のAug→A♭CEとなります。

オーギュメントコードの使い方例(ツーファイブワン)

メジャーセブンスのところでオーギュメントコードは使えます。
かなり独特な響きをするのでコード分散だけでも十分かっこいいフレーズになります。
Dm7→G7→CM7 でのツーファイブワンの例を以下に記します。

オーギュメントコードを使ったツーファイブワン
オーギュメントコードを使ったツーファイブワン

ジャズアドリブのための2拍リズムパターン

アドリブを作るにあたりリズムパターンの引き出しが少ないと感じ作成しました。
使用しているのは4分、8分、3連符の3種類です。
全パターン網羅的に洗い出しているわけではないですが、順序を意識して記載しました。

記載内容の説明

  • 1行目は[4分のみの]と[4分,8分の組み合わせ]
  • 2行目は[8分のみの]
  • 3,4行目は[4分,8分,3連符の組み合わせ]
  • です。
    1小節のアドリブフレーズはこの2拍リズムパターンの掛け合わせである程度作れます。
    また2小節のアドリブフレーズは1小節のアドリブフレーズを二つ作ることと同義です。
    そして1小節のアドリブフレーズのリズムパターンを同じリズムパターンにして2小節のアドリブフレーズをつくるとコール&レスポンスのような形になると思います。