カテゴリー別アーカイブ: 1小節マイナーツーファイブ

1小節マイナーツーファイブフレーズまとめ

今までご紹介してきたマイナーツーファイブフレーズの中で個人的なお気に入りの1小節メジャーツーファイブフレーズをご紹介いたします。
※どこかで覚えたフレーズです。もしどこかのサイト様のフレーズをコピーしているようでしたら削除いたしますのでご連絡お願いいたします。

Bm7-5 E7 Am7

Em7-5 A7 Dm7

マイナーツーファイブフレーズ《ルパン三世のテーマ》②



コード進行は Dm → Bm7(♭5) → E7です。
なかなかうまく使いこなせないです。。。

解析
Dmはツーファイブではないので1小節目はおいといて
・2小節目の一音目、二音目はそれぞれツーの3度の音、5度の音(Bm7(♭5)の3度の音:D、5度の音:F)
・三音目はファイブの一度から基本的にはスケールに沿って下がります。
キーポイントは終わりから二つ目の音(譜面上はC#)はスケールにありませんがここをC#にすることで外した感が出てジャズっぽいのだと思います。(C#はCオルタードスケールの二度の音)

マイナーツーファイブワンフレーズ《ルパン三世のテーマ》①

ジャズの曲のアドリブはジャズミュージシャンが作った曲のテーマを参考にするという話を聞きました。
ということでルパン三世のテーマからツーファイブワンの部分を取り出してみます。


コード進行は
Em7(♭5)(1小節目前半) A7(1小節目後半) Dm(2小節目)です。(FMがキー)

Em7(♭5):E,G,B♭,D
A7:A,C#,E,G
Dm:D,F,A
トニックをT、ドミナントをD、サブドミナントをSとしてスケールの音にかっこ書きします。スケール:Dマイナースケール D(T),E(S),F(T),G(S),A(D),B♭(T),C(D)

・Em7(♭5)の部分 3度に向かうための布石として3度の音の全音上(A)からGへ
アプローチノート的な感じでしょうね。

・A7の部分 G(S)→B♭(T)→A(D) サブドミナント→トニック→ドミナントという不安にさせて安心させるモテフレーズ でコードのルートの音に落ち着きます。

・Dm マイナーを主張する3度の音で終える。
という感じのフレーズですね。

まとめ、感想
・2-5-1フレーズは5が命っぽい気がする。
・5でサブドミナント→トニック→ドミナントという不安にさせて安心させるモテフレーズを使えば結構それっぽいフレーズになるんじゃね。
・度数での構成:3→2→2→4→3→2→1

8.オルタードスケールを用いたマイナーツーファイブワンフレージング

Bm7-5 E7 Am のマイナーツファイブワンフレーズ

minor251

メジャーと全く同じフレーズ作り方です。※参照
コード進行は Bm7-5 E7 Am を使います。
Eオルタードスケール:E F G G# A# C Dです。

上からAに向かう部分のフレーズは G → F → E
下からAに向かう部分のフレーズは C → D → E

ほかのキーで

B♭m7-5 E♭7 A♭mの移調バージョン

 

Am7-5 D7 Gmの移調バージョン