カテゴリー別アーカイブ: 2小節マイナーツーファイブ

ブルーノートスケール、マイナーペンタ、コード分散和音を用いたフレーズ①


コード進行 Bm7-5 → E7 → Am

マイナーペンタをベース作成しています。

1小節目
三連符はAマイナーペンタのルートからスケールを上昇し、Fまで行ったらBm7-5のコード分散で降ります。

2小節目
E7の初めの音はAマイナーのノンダイアトニックであるG#ではじめます。
Aマイナーブルーノートスケールを使います。

3小節目
Aマイナーのコード分散から始めます。
またAマイナーブルーノートスケールを使います。

2小節マイナーツーファイブフレーズまとめ

今までご紹介してきたマイナーツーファイブフレーズの中で個人的なお気に入りの2小節メジャーツーファイブフレーズをご紹介いたします。
※どこかで覚えたフレーズです。もしどこかのサイト様のフレーズをコピーしているようでしたら削除いたしますのでご連絡お願いいたします。

Bm7-5 E7 Am7

Am7-5 → D7 → Gm7

Em7-5 → A7 → Dm7

Lick of the Week #9 Minor ii-V-i Using Melodic Minor

Minor ii V I Jazz Guitar Licks
のMinor ii V I Licks 3

Recado Bossa Novaのマイナーツーファイブワンフレーズ

私はRecado Bossa Novaこの曲が好きなんですよね。
ということでテーマの一部を引用し、解析てみました。
コード進行はBm7(-5) E7 Am です。

1小節目のすごい不安定な感じがたまらないです。
1小節目の4音目がポイントだと思うのですがコード逆引きしてもなぜこの音が使えているのかが分かりません。。。ただ外れている(外している)感が半端ないです。
1小節目の1,2,3音はBm7-5の1-5-3です。
1小節目の4音はBm7-5の1の半音下です。
1小節目の5音目はE7の3度の音、以降はスケール的に上がっていき、Aで終わるといった感じですね。

1小節目の音の並びはすごい!と思います。この感じを用いてほかのフレーズを作ってみようと思います。

You’d be so nice to come homeテーマをアレンジしたマイナーツーファイブフレーズ

You’d be so nice to come homeテーマをアレンジしてマイナーツーファイブフレーズを作ってみました。

コード進行はBm7(-5) E7 Am7です。

1小節目
1音目:裏から入ったのはBの音から始めたかったからです。
5音目:ファイブのEの半音下(アプローチノート)です。

2小節目
1,2,3音目:ファイブのコード分散です。
終わりはCで終わらせています。

Just Friendsテーマをアレンジしたマイナーツーファイブワンフレーズ



Just Friendsのテーマを少しアレンジしてマイナーツーファイブワンフレーズを作ってみました。
コード進行は例のごとくBm7-5 E7 Am7です。
最初の2小節がテーマのもの、後の二小節がアレンジしたフレーズです。

☆3小節のツーファイブワンフレーズ③HP5を用いて作ってみた


例のごとくキーはCのマイナーツーファイブワンフレーズです。
(コード進行はBm7(-5) E7 Am7です。)

ほぼスケール通りです。
・終わりがA→オクターブ下A(Am7のルートですね。)
・開始の音がB(Bm7(-5) のルートですね。)
あとはサウンドを耳で覚えてG#を使うということを忘れなければ演奏できると思います。

以前作ったフレーズより格段に良くなっている。成長を感じる今日この頃です。

☆3小節のツーファイブワンフレーズ②HP5を用いて作ってみた


3小節のツーファイブワンフレーズを作ってみました。
コード進行はBm7(-5) E7 Am7です。
作り方を記述していきます。

■1小節目 Bm7(-5) の3-1-7-5のコード分散です。 
■2小節目 ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール(HP5)というものを使いました。
長くて難しそうですがルートのスケールの5度を半音あげただけのものです。
今回のマイナーツーファイブワンのキーはCなのでCの5度のGの音をG#に変え、Eから始めるようにしたスケールです。
Eハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール:EFG#ABCD

・1度(A)で始まり、次はE7のルート→半音上のF→メジャーキーのルートのC→HP5の特徴であるG#→2度のB

フレーズはどうやって作ったかというと後ろから作っていきました。
①G#→Bで終わらせたい。(3度、5度の順)
②その手前はなんとなくCの響きがいい。
③前半と後半を同じリズムでやってはどうか?
④音程を下げて同じリズムで似たフレーズを使ってみた。

という感じです。

■3小節目
ワンではハーモニックマイナースケールをやるとメロディアスに終われる。
ということだったのでAハーモニックマイナースケールを使いました。(いい感じのリズムで下がるだけ)
Aハーモニックマイナースケール ABCDEFG#

そうです。実は2小節目も3小節目もG→G#を意識してフレージングをしてみました。

このパターンでもっとたくさんフレーズを作っていこうと思います。

このフレーズの覚え方のコツ
・2小節目の一音目はツーファイブワンの三つ目(ワン)のところのルートの音
・2小節目の二音目はツーファイブワンの二つ目(ファイブ)のところのルートの音
ということを意識して考える。

3小節のマイナーツーファイブワンフレーズ①

BUT NOT FOR MEではオルタードを用いたツーファイブフレーズ(1小節のツーファイブフレーズ)を使いまくればなんとかなったのですが、ALL OF YOUは1小節ごとに一つコードが割り当てられているツーファイブワンフレーズを使わないとなりたたない。
ということで3小節のマイナーツーファイブワンフレーズ考えてみました。