カテゴリー別アーカイブ: ジャズ曲分析

You’d be so nice to come homeコード解析と使えるスケール

You’d be so nice to come homeコード分析(inB♭)をしていきます。

BフラットではキーはCです。

■1~4小節目
Am → Bm7(♭5) → E7 → Am
マイナーのツーファイブワンということでE7ではAハーモニックマイナースケールを使えばよいです。(Cメジャースケールの5度の音を半音上げ)
詳しくはこちらをご参照下さい。
他はダイアトニックコードなのでCメジャースケールで行けます!

■5~8小節目
Gm → C7 → FM7
FM7以外はノンダイアトニックです。。。
ただよくよく見てみるとFをキーにしたメジャーツーファイブワンです。
ということでFメジャースケールで行けます。
→CメジャーでBをB♭にするだけでOKです。

■9~12小節
Bm7(♭5) → E7 → Bm7(♭5) → E7 → Am
ツーファイブからのツーファイブワンです。
Cメジャースケールで行けます!

■13~16小節
F#m7(♭5)→ B7 → Bm7(♭5) → E7 →(Am)(17小節目)
F#m7(♭5)→ B7 はノンダイアトニックですが、これも例のごとくツーファイブです。
EメジャーのツーファイブということでEメジャースケールをつかえばよいです。

そのあとはAマイナーのツーファイブワンです。

■17~28小節
1~4、5~8、13~16小節と同じです。

■29~32小節
(Am7)(28小節目) → D7 → G7 → C → Bm7(♭5) → E7 → Am
Am7→D7はDメジャーに解決するファイブワンです。
またG7はDのダイアトニックの4度なのでここまでDメジャースケールで行けます。

C以降はCメジャースケールで!

無料コード暗記用androidアプリ~コード覚え~に対応しました!

Autumn Leaves 枯葉 コード進行の解析と使えるスケール

今回の内容が分かると枯葉のコード進行のどこでどのようなスケールを使えばよいかが分かり、少しジャズっぽく演奏できるかと思います。
またほかの曲の分析をするときにも役立つと思います。

まずは枯葉のコード進行の一部を記述します。(いろいろな解釈がありますが、以下のものを採用します)
キーはC(テナーサックス用のものです)で考えます。

Dm7 G7 CM7 FM7
Bm7(♭5) E7 Am7 A7
Dm7 G7 CM7 FM7
Bm7(♭5) E7 Am7 Am7

Cメジャーのダイアトニックコードは以下のものです。
※ダイアトニックについてはこちらをご参照下さい。

コード名 構成音
CM7 CEGB トニック
Dm7 DFAC サブドミナント
Em7 EGBD トニック
FM7 FACE サブドミナント
G7 GBDF ドミナント
Am7 ACEG トニック
Bm7(b5) BDFA ドミナント

基本的にはCメジャースケールを使えばよいのですが、E7、A7がダイアトニックじゃないですね。
E7についてはBm7(♭5)→E7→Am7(マイナーツーファイブワン進行)なのでAハーモニックマイナースケールを使えばよいです。(Cメジャースケールの5度の音を半音上げ)
詳しくはこちらをご参照下さい。

次にA7について考えてみましょう。
ポイントはA7→Dm7となっている部分です。
Aを5度と考えると、Dは1度の音ですね。(A(5),B(6),C(7),D(1))
つまりここもマイナーのファイブ ワン進行となっています。
ということはA7の部分はDハーモニックマイナースケール(D,E,F,G,A,B♭,C#)を使えばよい!ということになります。

まとめると
基本はCメジャーでOK
E7はGではなくG#を
A7はBではなくB♭、CではなくC#を使う!

無料コード暗記用androidアプリ~コード覚え~に対応しました!

ブルースでSAX-A-GO-GOのテーマが使える!?

まずはSAX-A-GO-GOのライブ映像をご覧ください。

ブルーノート東京の演奏。
キャンディのライブはやっぱりめちゃめちゃかっこいい!
CDよりもライブ映像はテンション上がります!

・・・と本題からそれましたが、こんなかっこいいフレーズを演奏できたらいいですよね!

前回ブルースでマイナーペンタが使える理由という記事を書きました。
なぜそういった記事を書いたかというと今回の記事が書きたかったからです。

SAX-A-GO-GOの構成音を考え、ブルースについて考えるというアプローチをとろうと思います。

まずはコピーしたテーマについての譜面を記述します。

saxagogo

■SAX-A-GO-GOの1小節目フレーズについて
構成:C D(経過音) E♭ G A(経過音)
Cマイナーペンタスケール:C E♭ F G B♭
→ブルースでマイナーペンタが使える

■SAX-A-GO-GOの3小節目フレーズについて
構成:C D♭(経過音) D(経過音) E♭ G A(経過音) B♭
Cマイナーペンタスケール:C E♭ F G B♭
→ブルースでマイナーペンタが使える
また最後フレーズはG→C(ドミナント→トニック)という不安定から安定の形になっています

・・・おお、なんかちょっと音楽理論わかっているっぽい。(ドミナントとトニックの意味を知ったのは1週間前ぐらいですが。。。)

マイナーペンタであんなかっこいいテーマが出来上がるとは。。。。
恐るべしマイナーペンタ