カテゴリー別アーカイブ: ジャズ理論実践編

音楽の勉強、実際に練習した記録を記述します。

DAYS OF WINE AND ROSES 練習その⑦

前回の記事で覚え方を考えましたが、覚える順番も重要だと今日は感じました。
キーのルートから始まるフレーズ
キーの2ndから始まるフレーズ・・・という順に覚えていくのが良いと感じました。
ということで以下の順で覚えようと思いました。
■メジャーツーファイブ
キーのルート
Afternoon in Parisから考えるメジャーツーファイブワンフレーズ:キーのルート音からスケール的に上がるフレーズ

7.オルタードスケールを用いたメジャーツーファイブワンフレージング:キーの2度からコード的に上がるフレーズ

ラ・ラ・ランドの曲からメジャーツーファイブワンフレーズ:キーの4度(からスケール的に下がるフレーズ

ビバップスケールを用いたメジャー2-5-1フレーズ:キーの5度から半音ずつ下がり、ツーの5度からコード的に上がるフレーズ

DAYS OF WINE AND ROSES 練習その⑥

AFTERNOON IN PARISから考えるメジャーツーファイブワンフレーズを覚えようとしたら以前頭に入っていたラ・ラ・ランドの曲からメジャーツーファイブワンフレーズが抜け落ちてしまいました。

そこで考えたのが~の音から始まり、上がる、下がるフレーズであるということを記憶すべきだと考えました。
ということで
■メジャーツーファイブ
Afternoon in Parisから考えるメジャーツーファイブワンフレーズ:キーのルート音からスケール的に上がるフレーズ

ラ・ラ・ランドの曲からメジャーツーファイブワンフレーズ:コードの3度(ツーの3度)からスケール的に下がるフレーズ

7.オルタードスケールを用いたメジャーツーファイブワンフレージング:コードの1度(ツーの1度)からコード的に上がるフレーズ

ビバップスケールを用いたメジャー2-5-1フレーズ:キーの5度から半音ずつ下がり、ツーの5度からコード的に上がるフレーズ

上記を踏まえ、明日は練習してみようと思います。

DAYS OF WINE AND ROSES 練習その⑤

ラ・ラ・ランドの曲からメジャーツーファイブワンフレーズが割と自然に出てくるようになってきました。
次はコルトレーンのメジャー2-5パターンを使えるようになろうと思います。
以前のものだけじゃ覚えにくかったため覚え方を記述します。
①2-5の2度のコードの5度の音から5→3→1→5分散和音で降りていきます。
②2どのコードのルートの半音下→5度→ルートの半音下の半音下→5度→ルートの半音下の半音下の半音下
って覚えるといろいろなコード進行で使えそうです!

DAYS OF WINE AND ROSES練習1日目

ラ・ラ・ランドの曲からメジャーツーファイブワンフレーズを覚えようとしていたのですがなかなかうまくいかず。。。って感じだったので覚え方を考えてみようと思います。
大まかにふたつのフレーズから成り立っていると考えます。
1つ目のフレーズ2小節目の2つ目の四分音符
2つ目のフレーズそれ以降

かっこ内で記述しているコードはCメジャーのツーファイブワンでフレーズを考えたときのコードです。
■1つ目のフレーズについて
開始音コードの3度から開始(Dmの3度)
伸ばす音はコードの5度(Dmの5度)

■2つ目のフレーズについて
1つ目のフレーズの開始音の半音下からスタート
Dmの5度で終わる。(1つ目のフレーズの伸ばす音)

これを頭に入れ明日は練習してみようと思います。

DAYS OF WINE AND ROSES練習計画①

DAYS OF WINE AND ROSESで使うツーファイブフレーズをとりあえず覚えようということでキーが異なるツーファイブを書き出してみまし、覚えたいフレーズを書き出します。

■2小節メジャーツーファイブ
Bm7→E7:Aの2小節メジャーツーファイブ
Cm7→F7:A#の2小節メジャーツーファイブ
Am7→D7:Gの2小節メジャーツーファイブ
Am7→D7→GM7:Gの3小節ツーファイブワン

Afternoon in Parisから考えるメジャーツーファイブワンフレーズ:キーのルート音からスケール的に上がるフレーズ

ラ・ラ・ランドの曲からメジャーツーファイブワンフレーズ:コードの3度(ツーの3度)からスケール的に下がるフレーズ

BUT NOT FOR ME練習⑦13~16小節 練習 ツーファイブフレーズ
あたりができればいいなぁと思っています。どっちのフレーズもかなりお気に入りです。

■1小節メジャーツーファイブ
Em7→A7:Dの1小節のメジャーツーファイブ
Am7→D7:Gの1小節メジャーツーファイブ

ビバップスケールを用いたメジャー2-5-1フレーズ

7.オルタードスケールを用いたメジャーツーファイブワンフレージング:コードの1度(ツーの1度)からコード的に上がるフレーズ

■2小節マイナーツーファイブ
C#m7-5→F#7→Bm7:Dのマイナーツーファイブワン
3小節のツーファイブワンフレーズ③HP5を用いて作ってみた
3小節のツーファイブワンフレーズ②HP5を用いて作ってみた
You’d be so nice to come homeと同じですがさらに身に染みわたらせるためこの二つのフレーズを使ったアドリブを心がけます。

■1小節マイナーツーファイブ
F#m7(♭5)→B7:Gの1小節のマイナーツーファイブ
コルトレーンの5-1パターンを覚えようと思います。

3月3週目練習計画 マイナーツーファイブワンフレーズをYou’d be so nice to come homeを使って覚える

いったんフレーズまとめページを変更しました。
見てみると覚えていないフレーズ、身に染みてないフレーズが多々あることに気が付きました。
せっかくいろいろと考え、フレーズを作成したので曲を使って覚えようと思います。
2小節のマイナーツーファイブワンフレーズを練習するにはYou’d be so nice to come homeがお勧めです。
3小節のツーファイブワンフレーズ③HP5を用いて作ってみた
3小節のツーファイブワンフレーズ②HP5を用いて作ってみた
マイナーツーファイブワンフレーズ《ルパン三世のテーマ》②
NOW’S THE TIMEのチャーリーパーカーアドリブフレーズ
今週は上記のフレーズをYou’d be so nice to come homeを用いて覚えようと思います。