カテゴリー別アーカイブ: But Not For Me

But not for me 2小節メジャーツーファイブワンフレーズ


坂道のアポロンのピアノソロの頭のツーファイブワンフレーズです。
(2:29あたり)


But not for meの二小節目フレーズ。
Fメジャーのツーファイブワンフレーズです。

・Gm7(Ⅱの部分)Gm7のコード分散で5度上がっていきます。
・C7(Ⅴの部分)の一音目Gmの5度の半音下
・C7(Ⅴの部分)の二音目以降はC7の7度の音からFMスケールに従って下がっていきます。(キーのFの音を目指して)
・FM7の一音目:キーのトニック!一番落ち着く音
・FM7の二音目:ちょっとわかりません。ただスケール上の音なのでまぁいいでしょう。

このフレーズは覚えやすく、なかなか汎用性が高そうです!

BUT NOT FOR MEでオルタードスケールを用いたツーファイブワンフレージングを実践

BUT NOT FOR MEでオルタードスケールを用いたメジャーツーファイブワンフレージングを実践してみようと思います。

But Not For Meでは以下のオルタードスケールをつかうツーファイブのコード進行があります。
・Gオルタードスケール(Cのツーファイブワンのファイブで使う)G,G#,A#,B,C#,D#,F
・Cオルタードスケール(Fのツーファイブワンのファイブで使う)C,C#,D#,E,F#,G#,A#
・Fオルタードスケール(A#のツーファイブワンのファイブで使う)A#,B,C#,D,E,F#,G#

1.ツーの部分はコード分散
2.ファイブの部分
2-1.Gオルタードスケールの場合は【D# → F → G】 OR 【B♭ → A♭ → G】で終息させる。

2-2.Cオルタードスケールの場合は【G# → A# → C】 OR 【D# → C# → C】で終息させる。

2-3.Fオルタードスケールの場合は【F# → G# → A#】 OR 【C# → B → A#】で終息させる。

☆But Not For Me練習⑦13~16小節 練習 ツーファイブフレーズ

But Not For Me練習⑦13~16小節 練習 ツーファイブフレーズです。
B♭用でコード進行は以下のとおりです。全体のコード進行はこちらをご覧ください。

Dm7 G7 Gm7 C7
CMの2-5(差分 B♭→B) FMの2-5

セッションに行ったとき教わったツーファイブのフレーズをキーを変えてやってみた感じです。


キーの度数で表現すると以下のような感じです。
326421 6#5#2#76#5#

実はG7、C7はそれぞれGオルタードスケール、Cオルタードスケールの音で構成されています。
オルタードスケールでの度数で考えると3264321となります。
お気づきの方もいると思いますが
Cメジャーオルタードスケールの326421→Gオルタードスケールの3264321という構成のフレーズになります。
1小節フレーズを覚えて、スケールを変えて同じ度数の音を鳴らすだけでもかっこよくなるんですね。

スケール練習も必要だなと感じました。

Gオルタードスケール:G G# A# B C# D# F
フレーズの音:A# → G# → D# → B →A# →G#
A# → G#(隣の音)
G# → D#(5度進行)
D# → B(1つ飛ばし)
B → A# (隣の音)

とかなりシステマチックに作られていることが分かります。
スケールを用いたフレーズ作成時の音の並びは
隣の音、一つ飛ばし、5度圏の音、(4度進行) のいずれかで推移すると良いのだと思いました。

But Not For Me練習⑥ 29~32小節目練習 メジャーツーファイブワンフレーズ

順番が前後しますが最後But Not For Me練習⑥ 29~32小節目練習のツーファイブワンフレーズです。
B♭用でコード進行は以下のとおりです。全体のコード進行はこちらをご覧ください。

Gm7 C7 F D7
FMの2-5-1 F→F#に

①マイナーツーファイブワンのアイディアのパクリですが

E,F,G,A,B♭,A,G,F,E,D,C#,B,A,G,F#

マイナーツーファイブワンのアイディアをもとに最後のD7で解決しないF#の音を使ってみました。
何がいいって非常に覚えやすい!
ほとんどキー(F)の一つ下の音から上がって下がってをしているだけです。

②ソッフェ風ツーファイブワン

G,F,G,F,G,F,E♭,G,F,G,F,G,G,F,E♭,F,G
こちらも何がいいって非常に覚えやすい!
出てくる音は3音です!

But Not For Me練習④ 5~8小節目練習

But Not For Me練習④ 5~8小節目練習で最後の7,8小節目のツーファイブフレーズです。
どんな適当にこの手前を演奏していてもココでこのフレーズが入ればカチっとしまる感じがします。
ほとんど以下のフレーズのパクリです。
ビバップスケールを用いたメジャー2-5-1フレーズ
度数で表現5,4#,4,6,1,3,2,1,7,6,5,3,4,5

Gm7 C7 cm F7 A#M7
C→C#に FMスケール A#メジャー2-5-1

But Not For Me練習② 今持っている武器(フレーズ)

But Not For Meを演奏するにあたり今私が覚えている持っている武器(フレーズ)を洗い出します。

■メジャーツーファイブ(ワン)(・A#メジャー2-5-1、Fメジャー2-5-1、Cメジャー2-5)
①SOFFet君がいるなら☆ 2-5-1フレーズ
度数で表現2→1→2→1→2→1→7♭→1→7♭→2→1→2→2→1→7♭→1→2

コルトレーンの5-1パターン
度数で表現6→4→2→6→1#→6→1→6→7

ビバップスケールを用いたメジャー2-5-1フレーズ
度数で表現5,4#,4,6,1,3,2,1,7,6,5,3,4,5

■マイナーツーファイブ(ワン)(FMのマイナー2-5-1)
マイナーツーファイブワンフレーズ《ルパン三世のテーマ》①
度数で表現3→2→2→4→3→2→1

■その他(Fメジャースケール、A#メジャーのスケール)
NOW’S THE TIMEのチャーリーパーカーアドリブフレーズ
度数で表現5,1,2,2#,3,4,4#,5,3,4,5,4,3,1,6,5,1,1,1,1

Fourのテーマからのアドリブフレーズ
度数で表現5,6,7 5,6,7 5,6,7 2,1,7 1,2,3♭

■覚えるべきスケール
・Gオルタードスケール(Cのツーファイブワンのファイブで使う)G,G#,A#,B,C#,D#,F
・Cオルタードスケール(Fのツーファイブワンのファイブで使う)C,C#,D#,E,F#,G#,A#
・Fオルタードスケール(A#のツーファイブワンのファイブで使う)A#,B,C#,D,E,F#,G#

But Not For Meではじめに覚えるべきフレーズのコード進行

But Not For Meではじめに覚えるべきフレーズのコード進行を書いていこうと思います。(inB♭)
参考:BUT NOT FOR MEそこそこのレベルになる魔法の譜面(初心者向け)
■メジャーツーファイブ(ワン)
・A#メジャー2-5-1
・Fメジャー2-5-1
・Cメジャー2-5
・Fメジャー2-5

■マイナーツーファイブ(ワン)
・FMのマイナー2-5-1

■その他
・Fメジャースケール
・A#メジャーのスケール