カテゴリー別アーカイブ: ジャズ練習

1度から始まるファイブ(ドミナントセブンス)のフレーズ



1段目はアプローチノートを使ったフレーズ案
2段目はホールトーンスケールを使ったフレーズ案です。

2つ目のフレーズの前半(G→F→E→D)はオクターブ変わっていますが、スケール下降です。
スケール下降時にオクターブを上げ下げするというのも一つのテクニックですね。
また二つ目のフレーズの終わりは半音進行で4小節目のEの音を目立たせています。

3度から始まるツー(マイナーセブンス)のフレーズ



コードはDm7です。

1つ目 三連符半音下がりのアプローチノートでルートにインパクトを与え、コード分散で一気に駆け上がります。
2つ目 FG→EFと一度下がったものからスケール的に上がります。
3つ目 ターンを使いました。
4つ目 半音差のアプローチノートを使いました。