カテゴリー別アーカイブ: ジャズ練習

オーギュメントコード(aug)一覧

オーギュメントコード一覧

オーギュメントコード一覧
オーギュメントコード一覧

オーギュメントコード(aug)の一覧です。
メジャーコードを覚えていれば5度を半音あげるだけです!

実は4グループ覚えればオーギュメントコードはすべて覚えられる!

また以下の4グループを覚えればオーギュメントはすべて覚えられます。

構成音 コード
C E A♭ Caug Eaug A♭aug
D♭ F A D♭aug Faug Aaug
D F# B♭ Daug F#aug B♭aug
E♭ G B E♭aug Gaug Baug

CのAug→CEA♭、EのAug→EA♭C、A♭のAug→A♭CEとなります。

オーギュメントコードの使い方例(ツーファイブワン)

メジャーセブンスのところでオーギュメントコードは使えます。
かなり独特な響きをするのでコード分散だけでも十分かっこいいフレーズになります。
Dm7→G7→CM7 でのツーファイブワンの例を以下に記します。

オーギュメントコードを使ったツーファイブワン
オーギュメントコードを使ったツーファイブワン

ジャズアドリブのための2拍リズムパターン

アドリブを作るにあたりリズムパターンの引き出しが少ないと感じ作成しました。
使用しているのは4分、8分、3連符の3種類です。
全パターン網羅的に洗い出しているわけではないですが、順序を意識して記載しました。

記載内容の説明

  • 1行目は[4分のみの]と[4分,8分の組み合わせ]
  • 2行目は[8分のみの]
  • 3,4行目は[4分,8分,3連符の組み合わせ]
  • です。
    1小節のアドリブフレーズはこの2拍リズムパターンの掛け合わせである程度作れます。
    また2小節のアドリブフレーズは1小節のアドリブフレーズを二つ作ることと同義です。
    そして1小節のアドリブフレーズのリズムパターンを同じリズムパターンにして2小節のアドリブフレーズをつくるとコール&レスポンスのような形になると思います。


    Just Friendsのテーマ解析とツーファイブアイディア

    Just Friendsの9,10,11,12小節目あたりのテーマ解析をしてみます。(B♭管向けに記述しているので他の楽器の方は読み替えてください

    コード進行はAm7 D7 Bm7 Em7とします。

    コード解析するにあたり必要な情報をまず記述します。

    スケール情報

  • GメジャーペンタトニックスケールはGABDE
  • Gメジャースケール GABCDEF#
  • メジャースケール上のそれぞれの機能

  • トニック:GBE
  • ドミナントDF#
  • サブドミナント:AC
  • 9小節目

    9小節目はコード上はAmのコードトーンも含まれていますが、どちらかというとGメジャーペンタトニック(GABDE)を使っているように見えます。
    そして1,3拍はペンタのルート音であるGを使用
    それ以外はAmのコード音かつGメジャーペンタにあるEを使用(どちらもトニック)

    10小節目

    10小節目はF#(ドミナント)であるため終息感を感じさせず、次のBmへ行きます。

    11小節目

    9小節目と同じリズムでDF#(ともにドミナント)

    12小節目

    Emのコードトーン+Fを上がっていく。→13小節目の頭でE(トニック)を使い終息感を持たせる。

    ポイントをまとめると
    フレーズを引き延ばしたいときはドミナントの音を使う!
    移調したようなフレーズ(9小節目と11小節目)を使ってみる。

    ってかんじですかね。
    これを用いてツーファイブワンフレーズを作ってみようと思います。

    コードトーンとスケールで構成されている曲 枯葉

    コードやスケールが分かってくるといろいろと見えてくるものがあります。
    例えば枯葉のテーマは「たーたったたー」って感じのメロディーで伸ばす音は必ずコードトーン、そして三音で上昇していく1,3音目もともにコードトーンで構成されています。
    コードトーンとシンプルな四分音符だけでもこれだけメロディアスに曲が作れるというのは驚きですよね。

    スケールの覚え方(メジャー等)

    スケールの覚え方(メジャー)

    黒鍵盤はピアノの黒鍵盤をどれだけ使うかを覚えることが一番楽かな。。。と考えました。
    C:黒鍵盤なし
    C#:C,Fと黒鍵盤すべて
    D:C,Fのみ黒鍵盤
    E♭:E♭,A♭,B♭,FGCD
    E:EAB、黒鍵盤すべてからB♭を除いたもの
    F:B♭のみ黒鍵盤
    G♭:FBと黒鍵盤すべて
    G:F#のみ黒鍵盤
    A♭:CFGと黒鍵盤すべてからG#を除いたもの
    A:ABDE C#F#G#
    B♭:B♭、E♭のみ黒鍵盤
    B:黒鍵盤すべてとBE

    気が付いたこと

    こう見ると黒鍵盤をすべて使うメジャースケールは以下の三つなんですね。
    C#:C,Fと黒鍵盤すべて
    G♭:FBと黒鍵盤すべて
    B:黒鍵盤すべてとBE

    自分の中でジャンル分けして覚えると覚えやすい。。。気がします。

    コードの組み合わせで覚える

    またもう一つの覚え方としてはメジャーとマイナーの組み合わせです。
    スケールのルートのメジャーコードと、全音上のマイナーコードを組み合わせると6音のスケールができます。それプラス一つ暗記しましょうという手法
    CメジャーならCメジャー(CEG)とDマイナー(DFA)でBのみを覚えればよい。

    ポイント

    タイトルにはメジャーと書いていますが構成音を覚えてしまえば、開始音を変えるだけで実はいろいろなスケールを覚えられます。
    例えばCメジャーはA始まりだとAナチュラルマイナーとなります。

    2度始まり:ドリアン(DEFGABC)
    3度始まり:フリジアン
    4度始まり:リディアン
    5度始まり:ミクソリディアン
    6度始まり:エオリアン(ナチュラルマイナー)
    7度始まり:ロクリアン

    Billie’s Bounceのテーマから得るアドリブのヒント①


    こーどしn
    コード進行はG7→C7です。

    すごいですよね。
    何がすごいかっていうとアプローチノートとコードトーンしか使わずにメロディーができているところ!
    G7の初めの4音はアプローチノート、次の4音はコードトーン+C7のコードトーン!
    でC7に入ってからはコードトーンです。

    シンプルだけどビバップっぽさがよく出ているフレーズ。

    ・・・このアイディアを用いてなんとなく作ってみました。



    アプローチノートとコードトーンだけ

    なんですがいまいちかっこよくない。。。
    もう少し研究します。

    Bye Bye Blackbirdそこそこのレベルになる魔法の譜面(初心者向け)

    理論にのっとりスケールを当てはめたBye Bye Blackbirdの譜面(?)を作ってみました。
    これを見つつ練習してみると良いと思います。
    (B♭用の譜面です)

    意外といろいろと動きますね。
    メジャーのツーファイブ使いまくり!って感じです。

    ■1~4小節目

    G
    Gメジャー

    ■5~8小節目

    G Bm E7 Am7 D7
    Gメジャー Aメジャー(Aメジャーのツーファイブ) Gメジャーのツーファイブ

    ■9~12小節目

    Am AmM7 Am7 D7
    Gメジャー コード分散 Gメジャーのツーファイブ

    ■13~16小節目

    Am D7 GM7
    Gメジャーのツーファイブワン

    ■17~20小節目

    G7 Bm7(♭5) E7
    Cメジャー Amのツーファイブワン(E7の5度を半音下げ)

    ■21~24小節目

    Am7 B♭m7 E♭7 Am7 D7
    前の続き G#のツーファイブ Gのツーファイブ

    ■25~28小節目

    G Bm7 E7
    Gメジャー Gメジャー

    29~32小節目

    Am D7 G
    Gメジャーのツーファイブワン