カテゴリー別アーカイブ: Hank Mobley-Recado Bossa Nova

ドミナント7th-2小節フレーズ(Hank MobleyのRecado Bossa Novaより)

Hank MobleyのRecado Bossa Novaから耳コピしたドミナント7thのフレーズです。
C7th,C#7th・・・の順で記載しています。

フレーズ解析

・開始はコードの5度の音、終了はコードの3度の音です。
・奇数番号目の音(1,3,5,7)は半音ずつ下がります。
・偶数番号目の音はメジャースケールの2度(9度)の音です。

トレーニング

irealを用いて7thフレーズトレーニング を開いて練習しましょう。

Hank MobleyのRecado Bossa Novaアドリブ耳コピと解析-2

Hank MobleyのRecado Bossa Novaがめちゃめちゃかっこいいと思い耳コピしてみました。

5-8小節

Recado Bossa Novaのキーなどの基本情報

C譜で、キーはGmです。
Gmのキーの曲はダイアトニックコードは
Gm,Am7-5,A#M7,Cm,D7,D#M7,F#7(♭5)
トニックはGm,A#M7
サブドミナントはAm7-5,Cm,D#M7
ドミナントはD7,F#7(♭5)
詳しくは2.ダイアトニックコードをご参照ください。

耳コピしたフレーズと解析

コード進行は最初の5,6小節はG7,次の7,8小節はCm7です。

5小節目

すべてがロジカルに説明できませんが。。。
1音目は2音目へのアプローチノート(FはG7の7thの音)

6小節目頭の音はDでG7の5度の音
5小節目最後の音はE♭でDへのアプローチノート

6小節目

最初の4音はD→Gへと上がっていきます。(DもGもコードトーン
5→7音はGへ向けての挟み込みアプローチノート
多分なんかのスケールっぽい響きですがわかりません。。。
ジャジーな響きですよね。

7,8小節目

7小節目:D#→G
8小節目:D#→C
とCm7のコールアンドレスポンスみたいなことをしています。

Hank MobleyのRecado Bossa Novaアドリブ耳コピと解析-1

Hank MobleyのRecado Bossa Novaがめちゃめちゃかっこいいと思い耳コピしてみました。

まずは1-4小節

Recado Bossa Novaのキーなどの基本情報

C譜で、キーはGmです。
Gmのキーの曲はダイアトニックコードは
Gm,Am7-5,A#M7,Cm,D7,D#M7,F#7(♭5)
トニックはGm,A#M7
サブドミナントはAm7-5,Cm,D#M7
ドミナントはD7,F#7(♭5)
詳しくは2.ダイアトニックコードをご参照ください。

耳コピしたフレーズと解析

コード進行は最初の2小節はGm,次の2小節はD7です。

1-2小節目

とても分かりやすくコード分散和音で構成されています。

3-4小節目

なんとなくこんなフレーズ好きなのですが、解析してみると単純でした。
D7の構成音はD,F#,A,Cです。
A→E→G#→E→G→E→F#という順で演奏しています。
このEの部分を抜くとA→G#→G→F#という半音下がり進行です。

なんでEというダイアトニックの音が入っているかは今の私ではわかりませんが、、、7thコードの2小節のフレーズとして使えそうです。