カテゴリー別アーカイブ: ジャズ初心者が持ち曲を3カ月で10曲に増やすためのトレーニング《コード編》

ジャズ初心者が持ち曲を3カ月で10曲に増やすためのトレーニング《コード編》(毎週土曜更新予定)

本記事は楽器で音は出すことはできるけど、ジャズアドリブをどうすればよいかわからないという人向けに書いています。
また制約条件として、「一日30分しか練習できない。」「土日は1時間可能」という状態を考えています。(社会人の方向けですね)
そのような状態から3カ月で10曲ぐらいコードからのアプローチのアドリブができるようになるようにすることが目標です。

実験台は私自身で、検証をしつつ進めていきたいと思います。
その結果3カ月じゃ無理だ!ということになるかもしれませんが、温かい目で見守っていただければと思います。

なぜコード編なのか?
セッションなんとなく演奏できるけどフレーズ感が出ないと悩んでる方へ
でも記述いたしましたがチャーリー・パーカーのアドリブフレーズであってもどんなフレーズでも解析するとだいたいは コード分散和音、経過音、スケールで解釈することができます。
そしてコードを考えて演奏ができればかなりそれっぽくアドリブが聞こえるのではないかと考えたためです。

また時間があまりない方向けの記事になっているので全部のコードを覚えるのではなく、頻出コードを身に着け、手持ちの曲を増やそうと考えています。(ただし、基礎練習は全部のキーをやります)

頻出キー(テナーサックスのCメジャー,Fメジャー,Gメジャー)に絞ってコード分散アドリブができるようなメニューを考えました。
ジャムセッション初心者が持ち曲を増やすためにはを見るとかなりFメジャー,Gメジャーがキーのスタンダードジャズ曲が多いのが分かると思います。

トレーニング
第0週目 基礎練習メジャー7thの分散、マイナー7thの分散、マイナー7th♭5の分散

~ブルース編~
第1週目 Gのキーでの4分音符コード分散アドリブ(BUGS GROOVE)

第2週目 Gのキーでのターゲットノートを意識した4分音符コード分散アドリブ(BUGS GROOVE)

第3週目 Gのキーでの8分音符コード分散アドリブ(BUGS GROOVE)

第4週目 Gのキーでのアプローチノートを使ったアドリブ(BUGS GROOVE)

第5週目 Gのキーでのコード分散和音アドリブの集大成(BUGS GROOVE)

~枯葉編~

~SOFTLY, AS IN A MORNING SUNRISE~