カテゴリー別アーカイブ: 練習日誌

アドリブを上達させるために実施すべき練習~初心者向け~

セッションなんとなく演奏できるけどフレーズ感が出ないと悩んでる方へが原点回帰へのきっかけなんですが、改めてアドリブをうまくなるにはどうすればよいか考えてみました。
本当に当たり前のことしか書きませんが、重要なことだと思っています。

アドリブがうまくなるには

アドリブがうまくなるにはまずは何より
①コードを制する!
②スケールを制する!
の二つが何よりも重要だと今頃になって気が付きました。

【チャーリー・パーカーのフレーズであってもどんなフレーズでも解析するとだいたいは コード分散和音、経過音、スケール で解釈することができる。】という言葉がすごい響いています。

ということで最近ようやくコードの練習を始めたのですが、つまらない、覚えることが多すぎる。と感じています。

ただ一度に色々やろうとするのではなく、一歩一歩着実に身に着けていくようにしようと考えました。

アドリブがうまくなるための練習方法

1.メジャーコード、マイナーコードの1,3,5を全部のキーでコード譜だけで演奏できるようになる。

とりあえずはルートから始まるコード分散和音を覚えましょう。
またコードを覚えるだけでは楽しくないのでメジャーコード、マイナーコードのルートから始まる1,3,5を用いたツーファイブワンフレーズをご紹介させていただきます。

2.メジャーコード、マイナーコードの3,5,1を全部のキーでコード譜だけで演奏できるようになる。
→同様に3度から始まる3,5を用いたツーファイブワンフレーズを紹介させていただきます。

3.メジャーコード、マイナーコードの5,1,3を全部のキーでコード譜だけで演奏できるようになる。
同様に・・・

4.メジャーコード、マイナーコードの1,5,3を全部のキーでコード譜だけで演奏できるようになる。

5.メジャーコード、マイナーコードの3,1,5を全部のキーでコード譜だけで演奏できるようになる。

6.メジャーコード、マイナーコードの5,3,1を全部のキーでコード譜だけで演奏できるようになる。

1項目につき5日1カ月でメジャー、マイナーコードを使った分散和音フレーズを覚えましょう!(私もやってみます!)
コードの構成音が分からない人は劇的にアドリブが変わるはずです!

YOU’D BE SO NICE TO COME HOME 練習記録3日目

3月3週目練習計画 マイナーツーファイブワンフレーズをYOU’D BE SO NICE TO COME HOMEを使って覚えるにて4つマイナーツーファイブフレーズを覚えると書きましたが、NOW’S THE TIMEのチャーリーパーカーアドリブフレーズを分析しようにもなかなかできなかったため、多分メジャーツーファイブとかのほうが合うんじゃないかと思い込んでいます。
ということで
3小節のツーファイブワンフレーズ③HP5を用いて作ってみた
3小節のツーファイブワンフレーズ②HP5を用いて作ってみた
マイナーツーファイブフレーズ《ルパン三世のテーマ》②
の三つを覚える事にしました。

マイナーツーファイブフレーズ《ルパン三世のテーマ》②は少し解析したら結構簡単に覚えられそうです。
以前の記事を書きなおそうと思います。

もっと3小節のツーファイブフレーズを増やさなくてはと思っています。

YOU’D BE SO NICE TO COME HOME 練習記録2日目

前回の記事はこちら

☆3小節のツーファイブワンフレーズ②HP5を用いて作ってみたが覚えられないということを書いたと思いますが、メロディは少しづつ身に入りつつあり、かつ覚え方を考えました。

いつも突っかかるところが2小節目の一音目と二音目が出てこなかったのですが、
・2小節目の一音目はツーファイブワンの三つ目(ワン)のところのルートの音
・2小節目の二音目はツーファイブワンの二つ目(ファイブ)のところのルートの音
と覚えるようにしたところあとはなんとなく流れで行けるようになりました。

またこの覚え方をすると汎用的にほかのコードでも演奏できるのではないかと思っています。

You’d be so nice to come home 練習記録初日

出てくるマイナーツーファイブはキーが二つ
割とCメジャーでのツーファイブワンは染みついてきたのですが、キーが変わるとなかなか。。。という感じです。
3小節のツーファイブワンフレーズ③HP5を用いて作ってみた
3小節のツーファイブワンフレーズ②HP5を用いて作ってみた
とりあえず覚えようとしているフレーズは上記の二つ
上のフレーズはスケールに沿っているので比較的覚えやすいのですが、下のフレーズが耳では覚えてもなかなかキーを変えて演奏ができないですね。。。
そして良い覚え方もまだ思いついていません。。。

But Not For Me はツーファイブ練習に適している!

But Not For Meの練習をしていて最近思うことはツーファイブの練習にいいなぁと感じています。
というのもこの曲にはいろいろなキーのツーファイブコード進行が出てきます。
※B♭管のキーで記述しています。
2小節目:Gm C7
4小節目:Am D7
8小節目:Cm F7
10小節目:A#m D#7
14,15小節目:Dm7 G7
ここでそれぞれ同じツーファイブフレーズをキーを変えて演奏することでフレーズの音を覚えることができ、お勧めです!

練習日誌BUT NOT FOR ME②

1小節のツーファイブフレーズはかなり汎用性があるはずなので7.オルタードスケールを用いたメジャーツーファイブワンフレージングをツーファイブがあるごとに演奏しようと思います。

の一つ目のフレーズをやりまくってみました。
キーの異なるツーファイブのコード進行が多く曲中にあり、ツーファイブフレーズを練習するのにうってつけの曲だと感じました。

引き続きオルタードフレーズを身に着けるため次は二つ目のフレーズをひたすら使っていこうと思います。

練習日誌But not for me

フレーズはいろいろと覚えたのですが使えるのは
BUT NOT FOR ME練習⑦13~16小節 練習 ツーファイブフレーズ

NOW’S THE TIMEのチャーリーパーカーアドリブフレーズ
の二つ
どちらも強烈ですよね。
メロディーが強烈なものはちゃんと体に染みついているんだろうなと思いました。

1小節のツーファイブフレーズはかなり汎用性があるはずなので7.オルタードスケールを用いたメジャーツーファイブワンフレージングをツーファイブがあるごとに演奏しようと思います。

とりあえず今週は2小節オルタードをひたすらやって身に着けようかと思います。