カテゴリー別アーカイブ: 雑記

音楽をはじめてみませんか!?

音楽をはじめてみませんか!?

好きなアーティストの曲を自分で演奏してみたいと思いませんか? 友人の結婚式でピアノを弾いてみたいなぁと思ったことはありませんか? きっかけがなく、音楽を始められていないのではないでしょうか? まずはこちらでジャズのアドリブというものを体験してみましょう! やり方は簡単
1 youtubeを流す
2 ボタンクリック、もしくはPCのキーボード操作で音を鳴らす。
以上です。
(PCのキーボードはQWERT12345の五つのキーを使います。)
この曲に合うような音のみを抽出しているのでかなり適当に演奏してもブルージーに聞こえますよ!


楽しいと感じた方は、次は楽器を触ってレッスンしてみてはいかがでしょうか?


音楽教室の紹介に至った背景

いろいろな人に音楽を初めてもらいたいと私は強く思っています。 音楽は年齢をとってからも始められる習い事で楽しい趣味です。 一方できっかけがないと始めるのが難しい。 その上独学で音楽を学ぶのは難しく、練習する場所も限られてきます。 私の場合幸いなことに大学の部活でビッグバンドジャズでサックスを始めることができ、社会人になった今でも続けています。 普通に生きていたら音楽をはじめる機会は『入学するタイミング』、『幼少期の習い事教室』の2つしかないのではないかなと思います。 この記事を見たことは何かの縁だと思います。 音楽を始めるきっかけとなれば幸いです! まずは音楽教室の無料体験をしてみてください。

山野楽器音楽教室について

山野楽器音楽教室では殆どのコースで無料体験レッスンをご用意。楽器にさわって、吹いたり、弾いたり、楽しみながら実際のレッスンをお気軽に体験できます。 ピアノ、ギターをすでにやっていて今後ジャズピアノやジャズギターを新たにやってみたいという経験者の方から、サックスやトランペットを触ったことないけどやってみたいという初心者の方まで対応できるよう幅広いレッスンを持っています。 またなんと!あの憧れのブルーノート東京コットンクラブでの演奏もあります!

山野楽器音楽教室からのメッセージ

1965年、三鷹店開設以来50年近くにわたり、音楽を通じてお子さまの心を育てる音楽教室を運営してまいりました。 首都圏を中心に全国で49教室を展開しております。 お子さまから社会人の方まで、約25,000名もの会員の方が音楽を楽しまれていらっしゃいます。 お試しに最適な短期講座など、初めての方からアンサンブルを楽しみたい経験者の方まで、 経験や年齢に関係なく、山野楽器ならではの充実したコースからお選びいただけます。 日頃の練習の成果を発表する場として、サロン内の発表会からライブハウスでの発表会なども充実しております。 憧れのブルーノート東京やコットンクラブでの演奏もございます。 観客の声援を受けて仲間と演奏する楽しさを味わってみませんか? 教室内外での楽しいイベントは、レッスンだけでなく+αの楽しみも見つけられます。 殆どのコースで無料体験レッスンをご用意。楽器にさわって、吹いたり、弾いたり、 楽しみながら実際のレッスンをお気軽に体験できます。 レッスン用の楽器をご用意しておりますので、 会社帰りやお買い物ついでに、気軽に通っていただけます。

音楽教室を勧める理由

1 仲間が作りやすい!

社会人にとって独学で音楽を学ぶのは難しく、なにより音楽仲間を作ることが難しいです。 私は大学在学中にサックスを購入してしまい(約30万)、もったいないという思いからサックスの個人レッスンに通っていました。 一時期ジャズバーが運営している個人のレッスンに通っていました。 楽器の上達という観点でいえば上達したと思います。 ただ上達して個人で楽しむだけで目標がなにもなく、あまり楽しくありませんでした。。。 そこで無理やり知り合いを集めて新宿の貸し切り、音出し可能なスナックみたいなところで、10人ぐらいの前でサックスとフルートという謎の編成でクリスマスソングを演奏するということをやりました。 楽しかったですが音楽教室に入っていれば発表する場はしっかり準備され、仲間も集められ、段階的にいろいろなことができたのだろうなぁと思います。

2 教え方がしっかりしている!

音楽教室ということで音楽の初心者から上級者まで長年教えてきた講師の方のノウハウがあります。 グッドプレーヤーがかならずしもグッドティーチャーとは限りません。

3 山野楽器音楽教室の講師陣がすごい

2 教え方がしっかりしている!で 『グッドプレーヤーがかならずしもグッドティーチャーとは限りません。』 と書きましたが、それでもすごい経歴をお持ちの方は多数いらっしゃいます。 例えばわかりやすいところでいうと椎名林檎^の録音、LIVE演奏をしている方等もいらっしゃいます。

音楽を趣味にし、生活がかわります!

交友関係が広がります! ジャムセッション(一つ下の項目参照)に行って演奏できたり、バンドを組んで演奏できるようなレベルになれば様々な人と知り合い、音楽という共通の趣味を通して交友関係が広がります。 様々な年代の人と一緒に音楽はできますよ! 私の友人は50代でギターをやっており、バンドを組んでます。 そのバンドは20代、30代、40代、50代で構成されているみたいです。 この幅広い年代で一つのことに打ち込めるというのは音楽ならではですよね。

ジャムセッションとは

ジャムセッションとは本格的な準備や、予め用意しておいたアレンジを使うことなしに、ミュージシャン達が集まって即興的に演奏することです。(wikipediaより) ジャムセッションができれば、日本全国各地、それどころか世界中どこでもサックスなどの楽器一つでいろいろな人と音楽を通じてコミュニケーションができます!(ピアノの場合は楽器すら持つ必要がありませんね)

女性にモテる趣味

1. 料理 2. 音楽(ギター、ドラム、DJなど) 3. サーフィン とあります。(http://yuga-life.com/moteruhobby-10/参照) 女性にモテる趣味の上位にも入っています(笑)

すごいジャズアニメ!坂道のアポロン

基本情報:坂道のアポロンは、小玉ユキによる日本の漫画作品、ジャズをベースにした青春アニメです。 2012年にテレビアニメ化がされました。 本記事では ジャズをあまり聞いたことない人にぜひ見ていただきたいアニメ作品のご紹介です。アニメ中で楽器を担当しているのは報道ステーションのイントロなどでおなじみの松永貴志。 アニメの一話一話のタイトルはジャズスタンダードの曲名(例第一話:Moanin'等)アニメ動画を一部を本記事でご紹介するのでまずは見てみて下さい。

演奏がすごい!

坂道のアポロン主人公の西見 薫のピアノ演奏をしているのは報道ステーションのオープニングでおなじみの松永貴志

作品全体を通した音楽がすごい!

坂道のアポロンのオープニング曲はYUKI、エンディング曲は秦基博 そしてどちらも作曲、編曲は『COWBOY BEBOP』『マクロス』でおなじみ、そして2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』の音楽担当の菅野よう子という夢のような共演! もちろんアニメ全体の音楽担当も菅野よう子です。 坂道のアポロンのオープニング『坂道のメロディ』 疾走感があって気持ちいい!

1960年代の日本のジャズのはやりっぷりがわかる!?

本作品しか見てないので何とも言えませんがレコード店でうつされるレコードは今名盤といわれているSAXOPHONE COLOSSUSのジャケットであったりと芸が細かいです。

SAXOPHONE COLOSSUS

新品価格
¥680から
(2016/12/30 17:34時点)

ジャズアドリブについて考えてみた

アドリブができる=コードを見て即興で作曲し演奏することができること ■アドリブができるレベル 高 コードを見て即興で作曲し演奏することができる 中 事前に考えたフレーズを使ってアドリブできる 低 なんとなくセッションに参加できる。 1 アドリブレベル高になるための条件 ・コードを見て即興でなくてもよいので作曲ができる事  →コピー譜の分析ができる事  →フレーズを自分で作れること ・コードの何度の音、スケールの何度の音かが瞬時に判断でき、音を出せる。  →コードの構成音の暗記  →スケール構成音の暗記 ・フレーズが頭の中で鳴る  →作った、コピーしたフレーズを曲に合わせてひたすら反復練習  →様々なキーでフレーズを演奏できる

カンザスシティ

ジャズを少しかじったことのある人ならご存知かなと思いますが、カンザスシティはジャズの町として有名ですね。 チャーリーパーカーはカンザスシティーで育ちました。 カンザスシティで当時活躍していたカウント・ベイシーのジャズを聴きにジャズバーへよく訪れていたとか。 今もたくさんのジャズクラブがあるようで安価でジャズが楽しめるようです。 私も語学留学で半年ほどカンザスシティにいたことがあります。 ほんと何もないのどかな町でした。 1929241_1043165530105_4847_n イベントがあるタイミングでダウンタウンのほうに行くと結構ジャズの演奏を野外でやっていることが多いイメージがありますね。 さすがジャズの町! 10399621_1043173410302_7582_n またジャズミュージアムというのもあり、ルイ・アームストロングのトランペットなどいろいろなものが展示してあります。 日本から直通便もなく、時間もかかるため旅行としていくには個人的にはあまりお勧めはできないですね。(笑)

ジャムセッション初心者が持ち曲を増やすためには

ずばりキーがF(Dm)(フラットが一つ)もしくはG(Em)(シャープが一つ)のフレーズをたくさん覚えることだと思います。(※テナーサックスの場合) ・ピアノであればD#(Cm)もしくはF(Dm) ・アルトサックスであればC(Am)もしくはD(Bm) 理由としてジャズスタンダードはこれらのキーを使っているものが非常に多く、覚えたフレーズ(とりわけ2-5-1)はそのままほかの曲に使いまわせるためです。 例えば有名どころのみを上げたのですが ■F(Dm)がキーの曲(フラットが一つ)(テナーサックスキー) ・ALL OF YOU ・BLUE BOSSA ・BUT NOT FOR ME ・FEEL LIKE MAKIN' LOVE ・FOUR ・GROOVIN' HIGH ・IT COULD HAPPEN TO YOU ・MY FUNNY VALENTINE ・NIGHT AND DAY ・ON GREEN DOLPHIN STREET ・OVER THE RAINBOW ・SMOKE GETS IN YOUR EYES ・SOFTLY, AS IN A MORNING SUNRISE ・WHEN I FALL IN LOVE ■G(Em)がキーの曲(シャープが一つ)(テナーサックスキー) ・BAG'S GROOVEなどのブルース ・BYE BYE BLACKBIRD ・The DAYS OF WINE AND ROSES ・GEORGIA ON MY MIND ・GIRL FROM IPANEMA ・HAVE YOU MET MISS JONES ・I LOVE YOU ・I'LL CLOSE MY EYES ・IN A SENTIMENTAL MOOD ・JUST FRIENDS ・LOVE ・NIGHT IN TUNISIA ・RECADO BOSSA NOVA ・SPEAK LOW ・WALTERMELON MAN などがあります。 私はまずG(Em)がキーの曲(シャープが一つ)(テナーサックスキー)を演奏できるようになり、ジャムセッションに参加(来年の3月ぐらい)しようと思います。