カテゴリー別アーカイブ: Autumn Leaves

Autumn Leaves 枯葉 コード分散和音でアドリブ挑戦~その3~三連符、アプローチノートを使う

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

三連符はジャズらしい
アプローチノートをつかうと良いらしいという噂をきき作ってみました。

わりといい感じなんじゃないかと自分では思っています。

アプローチノートとは半音でコード・トーンに解決する音で、コードとは関係ない音のことです。

Autumn Leaves 枯葉 コード分散和音でアドリブ挑戦~その2~リズムをそろえる

コード分散和音のアドリブは和音を適当に並べただけではだめだと前回感じました。
そこで、音の問題ではない!リズムの問題だ!と思い、リズムをそろえてみました。
1行目:コードの同じ構成のアドリブを同じリズムで演奏
2行目:コードの異なる構成のアドリブを同じリズムで演奏
codeadlib2

お!なんかいい感じ!
やみくもに音を八分音符を置くのではかっこよくならないのですね。

Autumn Leaves 枯葉 コード分散和音でアドリブ挑戦~その1~かっこ悪い。。。

枯葉のアドリブをコード分散和音で演奏してみました。。。
がまったくもってかっこよくない!
もっとこう。コード分散さえ引いていればメロディアスに聞こえると思ったのに。。。
今回試したこと
1 小節の1音目はテーマの音を使う(4分音符で)
→全くかっこよくない。。。で次にやったこと
2 とりあえず4分音符でなく、8分音符でやる
→若干ましにはなったがメロディアスでない。。。

autumnleaves%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%88%86%e6%95%a3

明日もいろいろやってみようと思います!
また宣伝になりますがコード暗記用アンドロイドアプリ開発しました(無料です)
ぜひ使ってみてください。
icon説明記事はこちら

Autumn Leaves 枯葉 一カ月でマスター 5週目結果

結果
良かった点
・フレーズも吹いている時に次々と浮かぶようになった。(少ないながらも)
・手癖フレーズができている。
・リズムは割と良かった。

悪い点
・フレーズが少ない。
・ノレてない感じがする。

ジャムセッションではもっともっとレベルが高い方たちばかりですが邪魔はしない程度にはなれたかなと思っています。
とりあえずフレーズを増やす、音をよくする以外は何をすればよいかわからない状況です。
持ち曲を10曲程度にしてジャムセッションに突入してみようかと思います。

Autumn Leaves 枯葉 5音だけでもOKペンタトニック ジャジーな響きブルーススケール

■マイナーペンタトニック
枯葉のアドリブはどうやらAマイナーペンタトニック(B♭管)のみで出来るらしいという記事をよみました。 テナーサックス、Bフラット管の場合
で、Aマイナーペンタトニックは
A C D E G という構成です。
トニック:A
マイナー3度:C
サブドミナント4度:D
ドミナント&5度:E
マイナー7度:G
Am7の構成音+サブドミナントの音で構成されている!

■ブルーススケール
CブルーススケールはAマイナーペンタトニック+5度♭ということで以下の構成となります。
C E♭ F A♭ G B♭
スケールを上り下りするだけでもかっこいい!

今になって気が付いたのですが以前取り上げた
このフレーズ
ブルーススケールのみで構成されているのですね。。。
ブルーススケール恐るべし!

どちらも違和感なく演奏はできますが、、、いまいちです。
フレーズ使いつつ時々ブルーススケール混ぜつつというのがよさそうなきがしました。

※11/20変更、Aマイナーではなく多分Cマイナーペンタです。

Autumn Leaves 枯葉 練習日誌 コード暗記編

分散和音を覚えようと自作アプリ『コード覚え』を使っているときに思ったのですが、
『構成音が似ているコードは一緒に覚えた方が良い』と感じました。
枯葉(B♭)の頭の4小節のコードを暗記していたのですが、Dm7とFM7のコード構成がかなり似ていました。
FM7:FACE(記述して初めて気が付いたのですが構成音Face(顔)なんですね)
Dm7:DFAC
C,D以外の構成音が同じですよね。

・・・でなぜかわからないのですが私は3度の構成音はすぐ浮かぶけれども5度の音がぱっと浮かばない体質だったのですが
二つのコードの構成音がほとんど同じであるということを紐づけることで今までよりはやく5度の音が思い出せるようになりました。

練習記録 Autumn Leaves1 1週目結果


■良かった点
・フレーズを4つという観点ではOK!8回使っている。
(1:17,1:30,1:40,1:50(以前取り上げたものの一部),2:00(今後取り上げる予定です),2:13,2:20,2:49)

テンポもそこそこあっている

■ダメな点
・テンポが曲に合わせに行っている。
・音の立ち上がりが全体的に悪すぎる。
・以前コピーしたフレーズが使えていない。(覚えきれていない)
・一音一音が切れている感じがする

・その他
以前コピーしたもの以外の演奏したフレーズは依然購入したSax Brassマガジンの22号で覚えたものです。
枯葉のサンプルのアドリブが8つぐらいあり、かつCDもついているのでお勧めです。

Autumn Leaves 枯葉 一カ月でマスター 1週目-1フレーズ耳コピ

今週の目標はフレーズを4つ使って演奏するということで耳コピ

選んだのはZoot SimsのAutumn Leavesです。
渋くてテンポもいい感じ。
それっぽいフレーズをコピーしてみました。
早いフレーズはコピーが大変かつなかなかできなさそうなので短めのものをコピーしてみました。32-38小節のフレーズです。

(耳コピ素人なのでちょいちょい間違っていると思いますが、30分ぐらいかけて頑張りましたので許してください)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

譜面を書ソフト、移調するソフト、耳コピに便利なソフトなど週末に一気にご紹介いたします。

練習記録 Autumn Leaves1

まず現状の確認、マスターしたといえる状態を考えてみます。

現状

以前Somethin’ jazz clubに行った時の音源を聞きなおします。
あぁ。。。死にたい。
全世界にへたくそな演奏が。。。
自分で聞くのはかなり苦行。。。。

ここからわかる課題。

‐課題1 リズム感がない。(特に低音の立ち上がりがずれる)
-課題2 フレーズ感があまりない。(フレーズを2つぐらいしか使えていない)
-課題3 コードの分散和音を覚えていない。
-課題4 エンディングフレーズを持っていない。
-課題5 高音の立ち上がりが悪い。
-課題6 一音一音切れている感じがある。(フレーズを覚えている部分はそうでもない)

マスターって言ってもある程度定量的なものがないと評価できないので、以下をゴールとして設定します。
・ゴールの定義
-フレーズが2コーラスで8つ以上使える。
‐コード分散の8分音符フレーズが使える。
-リズムに乗って演奏できる。
-エンディングフレーズが使える。

次に一カ月でマスターするためのスケジュールを考えてみます。
スケジュール
■1週目:
楽器を触らずにやること1 フレーズを耳コピ、雑誌などから8つ記録する。
楽器を触らずにやること2 コード分散和音を覚える
楽器を触ってやること1 フレーズを4つ体に叩き込む。40-160までいろいろなテンポで(マイナスワンアプリを使って)
(遅いテンポでやった方がリズム感がつくみたいです)

■2週目:(基本1週目のつづき)
楽器を触らずにやること1 コード分散和音を覚える
楽器を触ってやること1  1週目続きでフレーズ残り4つを叩き込む

■3週目:コード分散和音のみで4小節を練習しまくる。エンディングフレーズを耳コピする。

■4週目:通しでやってみる。

ルール:週末はカラオケなどに行き練習結果をyoutubeにアップする。