練習で気が付いたこと

アドリブのためにフレーズを覚えていたのですが、無理やりフレーズを当て込んでいる感が出ていたのでメロディーもちょいちょい吹くようにしてみました。
そうすると単調さが少し改善されました。

アドリブはメロディーのフェイクと覚えたフレーズでやるとよさげですね。

メロディーのフェイクのやり方について今後考えていこうと思います。

6月3週目の振り返りと4週目の予定

■アドリブ練習に関して
いくつかフレーズを覚えて枯葉で練習しました。
家で音量を気にしながら練習しているのでどうしてもサブトーン癖が抜けません。。。
以前よりフレーズを多く使えています。
今後も引き続きフレーズを覚えていこうと思います。
・来週は以下から二つフレーズを覚え、枯葉で適用してみたいと思います。
以下覚える候補

メジャーツーファイブワン
Jazz Lick of the Week #15: Un-altered ii-V-I

マイナーツーファイブワン
Lick of the Week #9 Minor ii-V-i Using Melodic Minor
Jazz Lick of the Week #16: Minor ii-V-i Resolving to a Minor 6

その他
4 Dexter Gordon Licks Over Lady Bird

■コード暗記に関して
メジャーコードはようやく覚えつつある感じはありますがマイナーがまだまだ。
・マイナーコードの1,3,5をコードを見た瞬間演奏できるようにします。
・またメジャーに関しても忘れないようにメトロノームに合わせて1,3,5 3,5,1 5,1,3 の練習をします。

Bobby Caldwell – What You Won’t Do For Love


Bobby Caldwell – What You Won’t Do For Love
深夜ドライブとかで聞きたい物静かで、どこか寂しさを感じる曲です。

1978年の曲で、このころのR&Bはが私好みです。
スティービー・ワンダーとかもこの時代ですね。

Bobby Caldwell – What You Won’t Do For Love

新品価格
¥150から
(2017/6/17 22:03時点)

cick

This Masquerade

新品価格
¥150から
(2017/6/13 22:18時点)

■基本情報
アメリカのファンク、ディスコバンドです。
ダンスブームの終焉とともに活動は停滞していったが、メンバーのナイル・ロジャースとバーナード・エドワーズはシスター・スレッジ、ダイアナ・ロス、マドンナやデヴィッド・ボウイなどのアーティストをプロデュースし、曲をヒットさせた。
現在も解散はせず、活動をしています。

スケールを用いたツーファイブワン

前回の記事で2-5-1の2はロクリアンスケールが使えるということでフレーズを考えてみました。
2:Dロクリアンスケール
5:Gから始まるCハーモニックマイナー

スケールを用いたマイナーツーファイブワン
スケールを用いたマイナーツーファイブワン


1つ目はスケールをそのまま
2つ目は少しアレンジしてみました。

LEARN JAZZ STANDARDSのレッスンの概要

LEARN JAZZ STANDARDSのレッスンの概要を実際のレッスンの翻訳を通じて理解してもらおうと思います。
Jazz Lick of the Week #16: Minor ii-V-i Resolving to a Minor 6

マイナーツーファイブはよく使われるコード進行です。

・入りはB♭、Gでやります。

■1小節目
・A♭はDm7-5の5度の音
・B♭はロクリアンスケールの6番目の音
※Dロリアンスケールは D、E♭、F、G、A♭、B♭、C です。
このフレーズはロクリアンスケールでだいたい構成されている。
・CはDm7-5の7th
・E♭はロクリアンスケールの2番目の音
・GはDm7-5の11th
・DはDm7-5のroot

■2小節目
・GはG7のルートの音
・FはG7の7th
・E♭はG7の#5th
・DはG7の5th
・BはG7の3rd
・CはG7の11th
・DはG7の5th

■3小節目
・E♭はCm6の3rd
・AはCm6の6th

ではもう一回やってみましょう。

って感じでした。
毎週ひとつフレーズを取り上げ、12キーで紹介してくれるみたいです。
ポッドキャストもあるみたいですよ、

初心者のジャズ上達記録(練習法、フレーズなどの公開) ジャズのお勧め曲のご紹介など1ジャズプレーヤー、1ジャズファンとして様々な情報を発信していきます。