tayack のすべての投稿

ドミナント7th-2小節フレーズ(Hank MobleyのRecado Bossa Novaより)

Hank MobleyのRecado Bossa Novaから耳コピしたドミナント7thのフレーズです。
C7th,C#7th・・・の順で記載しています。

フレーズ解析

・開始はコードの5度の音、終了はコードの3度の音です。
・奇数番号目の音(1,3,5,7)は半音ずつ下がります。
・偶数番号目の音はメジャースケールの2度(9度)の音です。

トレーニング

irealを用いて7thフレーズトレーニング を開いて練習しましょう。

コルトレーンのメジャー2-5パターンの解析と類似フレーズ作成方法

コルトレーンのメジャー2-5パターン

Youtubeで2-5を探していたら良いものがありました。

ちょっと読みにくいので書き起こしてみました。

フレーズ解説

コード進行はDm7→G7です。

・1小節目前半の4音
→Dmの【5 3 1 5】の構成音です。

・1小節目後半の4音と2小節目の最初の音
→G7の3度の音に向けて表拍(5,7)音は半音ずつ下がります。
→裏拍(6,8)音はDmの5度のまま

フレーズアイディアを使ってフレーズ作成方法

作成したフレーズのご紹介(コード進行Dm→G7)

作り方
フレーズ後半部分
1.ターゲット音を決める(Gのコード構成音から)
2.できる限りコード構成音を使い半音進行での下がり方、上がり方を決める(表拍を決める)
3.裏拍の音をコード構成音から決める

フレーズ前半部分
4.適当にコード構成音を当てはめる

フレーズアイディアを使ってフレーズ作成例

コード進行Dm→G7

参考
Dmの構成音 D,F,A
G7の構成音 G,B,D,F

1.ターゲット音を決める(Gのコード構成音から)

ターゲット音はGとする

2.半音進行での下がり方、上がり方を決める(表拍を決める)

A→G#→Gと半音ずつ下がる。
AはDmの構成音

A ? G# ? G

3.裏拍の音を決める

AとGは使われているためDとする。

A D G# D G

4.適当にコード構成音を当てはめる

F D A D F A D G# D G

瞬時にフレーズを作る練習

1.コード構成音を覚える
2.フレーズ後半部分のパターンを覚える
1は基礎練ということで割愛
後半部分のパターンは以下の3要素が決まれ場システマチックに作れます。
このパターンを体に叩き込む練習です。

終着音×終着音へ上昇で行くか、下降で行くか×裏拍の音
これをもとに作成してみました。

終着音 上昇/下降 裏拍の音 フレーズ
G 上昇 D F D F# D G
G 上昇 A F A F# A G
G 下降 F A F G# F G
G 下降 D A D G# D G
B 上昇 F A F B♭ F B
B 上昇 D A D B♭ D B
B 下降 F D F C# F C F B
B 下降 A D A C# A C A B
D 上昇 F A F B♭ F C F C# F D
D 下降 A F A E A E♭ A D

これを一般化すると

開始音 終着音 上昇/下降 裏拍の音
Ⅰの3度 Ⅴの1度 上昇 Ⅰの1度
Ⅰの3度 Ⅴの1度 上昇 Ⅰの5度
Ⅰの5度 Ⅴの1度 下降 Ⅰの3度
Ⅰの5度 Ⅴの1度 下降 Ⅰの1度
Ⅰの5度 Ⅴの3度 上昇 Ⅰの3度
Ⅰの5度 Ⅴの3度 上昇 Ⅰの1度
Ⅰの1度 Ⅴの3度 下降 Ⅰの3度
Ⅰの1度 Ⅴの3度 下降 Ⅰの5度
Ⅰの5度 Ⅴの5度 上昇 Ⅰの3度
Ⅰの3度 Ⅴの5度 下降 Ⅰの5度

東京事変 母国情緒をアレンジしたメジャーツーファイブワン

あ

東京事変 母国情緒をアレンジしたメジャーツーファイブワンフレーズです。
コード進行はDm7→G7→Cです。

フレーズ解析

すべてコードのルート音を起点にアプローチノートを使って構成しています。

Dm7 G7 CM7
D C# D G# G C

メジャーペンタトニック/マイナーペンタトニック一覧

メジャーペンタトニックスケール、マイナーペンタトニックスケールの一覧です。
またフレーズのアイディアも記載しました。

メジャーペンタトニックスケール一覧

メジャーペンタトニック一覧
メジャーペンタトニック一覧

メジャースケールから4度、7度を抜いた構成なのでシナ抜きと言われたりします。

マイナーペンタトニックスケール一覧

マイナーペンタトニック一覧
マイナーペンタトニック一覧

AマイナーペンタとCメジャーペンタは同じ構成音です。

フレーズアイディア

四度差
四度差


四度差の音を使って並べてみました。
スケールはCメジャーペンタです。
E A D G Cと並べただけですが、モダンな雰囲気ですよね。

musescoreのMP3出力ができなかったのでいろいろ試した

musescoreのMP3出力ができなかったのでいろいろ試し、うまくいったので内容を記載します。
まずlibmp3lame.dylibというものが必要らしいということがわかりました。

早速インターネットからファイルを探して、その場所を指定したのですが、、、失敗。
下記のようなメッセージが現れました。

エンコードライブラリを開くことができませんでした。
エンコードライブラリを開くことができませんでした。

いろいろと試した結果libmp3lame.dylibがあれば良いと言うことではなく、システム上にファイルを組み込む(インストールする)必要があるらしいということがわかりました。
結果以下からファイルをダウンロードして、実行することで無事MP3エクスポートができました!(MACの場合)
https://download.cnet.com/LAME-Audio-Encoder/3000-2140_4-51042.html

LAME Audio Encoder for Mac

ちなみにMACだと実行時に許可されていないファイル、、、とか出てくる場合があるのでそういった場合はControlキーを押しながらファイルをクリックし、開くを押してください。

6月トレーニングメニュー

個人的な備忘録ですが。。。
トレーニングメニュー

音感トレーニング

アドリブのためには頭で考えた音が歌える必要がある。ということで鳴った音を声に出してうたう練習をしようと思います。
具体的にはVoiTunerというアプリを使って毎日2,3分やろうと思います。

コードトレーニング

半音進行、2度進行、3度進行、4度進行をコード名を見ずに[1,3,5,3,1][3,5,3,1,3][5,3,1,3,5]のコードを演奏する。(メジャー、マイナー)
1週目:半音進行
2週目:2度進行
3週目:3度進行
4週目:4度進行

アドリブトレーニング

C,Fブルースを頭でなった音を楽器で練習するトレーニングを行う。

音質トレーニング

ネックだけでゆっくり息をいれ音を鳴らすトレーニングを行う。
鼻から息をゆっくり吸い、吐き出すトレーニング

フレーズトレーニング

コードで解析できる
もしくはブルーノートスケールなどスケールで解析できるフレーズを4つみつけ、全キーでそのフレーズを演奏できるようになる。

Step99 メジャー、マイナーコードを使った2-5フレーズ

オンライントレーニングで覚えたメジャー7th,マイナー7thコードが実際の曲中でどのように使えるか(フレーズ)を紹介します。

2-5フレーズ

コード進行はDm7→G7,Em7→G#M7・・・です。


解説

一小節の終わりはコードトーンではありませんが、見逃してください(笑)

Dm7→G7を用いて説明します。
Dm7→G7のキーはCメジャーです。
3→1→3→5→3→5→7・・・と規則的にコードトーンを並べただけです。

コードトレーニングの練習としても最適なフレーズなのでぜひ全キーで練習してください。
私も練習します!

Step99 メジャースケールを用いた2-5フレーズ

オンライントレーニングで覚えたメジャースケールの実際の曲中で使えるアイディア(フレーズ)を紹介します。
※SAX&BRASSマガジンを参考にしております。

2-5フレーズ

コード進行はDm7→G7,Em7→G#M7・・・です。


解説

とっても簡単で、メジャースケールの開始音を2度の音に変えてスケールでキーの3度まで上昇→下降を行うだけです。

Dm7→G7を用いて説明します。
Dm7→G7のキーはCメジャーです。
Cメジャーの2度の音(D)からEまでスケールで上昇→そのあとスケールで下降するだけです。

ちなみにこのD開始のCメジャースケールをDドリアンスケールと言います。

スケールの練習としても最適なフレーズなのでぜひ全キーで練習してください。
私も練習します!