John Coltrane(ジョン・コルトレーン)フレーズ


John Coltrane(ジョン・コルトレーン)のフレーズを解析、紹介いたします。
随時更新予定です。

John Coltraneフレーズ1 メジャー2-5-1

解析

<li>1小節目前半の4音 Dmの【5 3 1 5】の構成音です。</li>
<li> 1小節目後半の4音と2小節目の最初の音</li>
→G7の3度の音に向けて表拍(5,7)音は半音ずつ下がります。
→裏拍(6,8)音はDmの5度のまま

メジャーツーファイブと書いてはいますが、マイナー7thにあてこめますね。

フレーズアイディアを使ってフレーズ作成方法

作成したフレーズのご紹介(コード進行Dm→G7)

作り方
フレーズ後半部分
1.ターゲット音を決める(Gのコード構成音から)
2.できる限りコード構成音を使い半音進行での下がり方、上がり方を決める(表拍を決める)
3.裏拍の音をコード構成音から決める

フレーズ前半部分
4.適当にコード構成音を当てはめる

フレーズアイディアを使ってフレーズ作成例

コード進行Dm→G7

参考
Dmの構成音 D,F,A
G7の構成音 G,B,D,F

1.ターゲット音を決める(Gのコード構成音から)

ターゲット音はGとする

2.半音進行での下がり方、上がり方を決める(表拍を決める)

A→G#→Gと半音ずつ下がる。
AはDmの構成音

A ? G# ? G

3.裏拍の音を決める

AとGは使われているためDとする。

A D G# D G

4.適当にコード構成音を当てはめる

F D A D F A D G# D G

瞬時にフレーズを作る練習

1.コード構成音を覚える
2.フレーズ後半部分のパターンを覚える
1は基礎練ということで割愛
後半部分のパターンは以下の3要素が決まれ場システマチックに作れます。
このパターンを体に叩き込む練習です。

終着音×終着音へ上昇で行くか、下降で行くか×裏拍の音
これをもとに作成してみました。

終着音 上昇/下降 裏拍の音 フレーズ
G 上昇 D F D F# D G
G 上昇 A F A F# A G
G 下降 F A F G# F G
G 下降 D A D G# D G
B 上昇 F A F B♭ F B
B 上昇 D A D B♭ D B
B 下降 F D F C# F C F B
B 下降 A D A C# A C A B
D 上昇 F A F B♭ F C F C# F D
D 下降 A F A E A E♭ A D

これを一般化すると

開始音 終着音 上昇/下降 裏拍の音
Ⅰの3度 Ⅴの1度 上昇 Ⅰの1度
Ⅰの3度 Ⅴの1度 上昇 Ⅰの5度
Ⅰの5度 Ⅴの1度 下降 Ⅰの3度
Ⅰの5度 Ⅴの1度 下降 Ⅰの1度
Ⅰの5度 Ⅴの3度 上昇 Ⅰの3度
Ⅰの5度 Ⅴの3度 上昇 Ⅰの1度
Ⅰの1度 Ⅴの3度 下降 Ⅰの3度
Ⅰの1度 Ⅴの3度 下降 Ⅰの5度
Ⅰの5度 Ⅴの5度 上昇 Ⅰの3度
Ⅰの3度 Ⅴの5度 下降 Ⅰの5度

John Coltraneフレーズ2 メジャー2-5-1

John Coltraneフレーズを紹介している動画より

2-5のあとキーを変えて2-5-1です。

Em7 A7部分の解析

Em7のところでCが使われている理由は、、、正直わかりませんが。。
それ以外の部分はコードトーンにのっとってますね。

Em7 A7
C G C E C# A C# E

Dm7 G7 C部分の解析

  • Dm部分 スケール上昇、4音目のF#はGへのアプローチノート
  • G7部分 2音目は♭13のテンションノートを使ってますが、それ以外はコードトーン
  • C部分 3度の音ですね。
  • このフレーズとてもビバップらしいフレーズですね

    John Coltraneフレーズ3 メジャー2-5-1

    John Coltraneフレーズを紹介している動画より

    最後のEm7 A7 D7の部分のツーファイブワンの解析

  • Em7部分 最初の音は9thのテンションノート!以降はコードトーン
  • A7部分 3、#11
  • D7部分 コードトーン(トライアド)
  • ほぼコードトーンだけでこんなにかっこよくなるもんなんですね。。。
    感服です。

    Autumn Leaves コード進行からアドリブ解析

    一番初めにやるジャズスタンダード曲といっても過言ではないと思います。
    コードはシンプルかつ、メジャーツーファイブ、マイナーツーファイブをつかう初心者におすすめの一曲です。
    Cannonball AdderleyのAutumn Leavesが一番有名かと思います。 コード進行をもとにどのようにアドリブしていけばよいか解析していきます。

    Autumn Leavesのキーとダイアトニックコード

    テナーサックス(B♭)でのキーとダイアトニックコードです。

    • キー:Am
    • ダイアトニックコードは Am7,B#m7(-5),CM7,Dm7,Em7,FM7,G7 

    Autumn Leavesのコード進行

    Dm7 G7 CM7 FM7
    Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6
    Dm7 G7 CM7 FM7
    Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6
    Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6
    Dm7 G7 CM7 FM7
    Bm7-5 E7♭13 Am7 G#7 Gm7 F#7
    Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6

    赤字がノンダイアトニックコードです。

    Autmun Leavesのアドリブアイディア

    ツーファイブワンフレーズをインストールしている方はそれだけで乗り切れるでしょう。
    ただやっぱり基本はAマイナーペンタトニックをもとにアドリブですかね。

    Step1.1-4小節をAマイナーペンタトニックでアドリブ

    ペンタの練習ですね。まずは1-4をペンタでアドリブしましょう。
    Aマイナーペンタトニック:A,C,D,E,G

    Step2.5-8小節 6小節目のE7♭13 Am6をコードトーンを使ってアドリブ

    5 6 7 8
    Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6

    E7♭13 E G# D F#
    Am6 A C E F#

    Step3.27-28小節 コードトーンでアドリブ

    27 28
    Am7 G#7 Gm7 F#7

    ここはなかなかおいしいポイントです!
    Am7はダイアトニックコードですが、コードトーンを意識して演奏しましょう!
    半音ずつ下がっているのでルートの音だけ追いかけるというアイディアもありますね。

    Am7 A C E G
    G#7 G# C E♭ F#
    Gm7 G B♭ D F
    F#7 F# B♭ C# E

    アドリブフレーズ例

    メジャーツーファイブ部分のアドリブ例1


    Autmun Leavesのメジャー2-5のシンプルなコードトーンのみのフレーズを2つ考えてみました。
    コード進行はDm7 G7 CM7 FM7です。

    コードトーンのみなので曲の雰囲気は出ていますよね。

    Bye Bye Blacbird コード進行からアドリブ解析

    ジャズスタンダードです。マイルス・デイビスの演奏が一番有名ですかね。
    伊坂幸太郎の小節にもbye bye blackbirdという曲がありますよね。

    コード進行をもとにどのようにアドリブしていけばよいか解析していきます。

    Bye Bye Blacbirdのキーとダイアトニックコード

    テナーサックス(B♭)でのキーとダイアトニックコードです。

    • キー:G
    • ダイアトニックコードは GM7,Am7,Bm7,CM7,D7,Em7,F#m7(-5)

    Bye Bye Blacbirdのコード進行

    GM7 Am7 D7 GM7 Am7 D7
    GM7 Bm7♭5 E7♭9 Am7 D7
    Am7 E7 Am7 D7
    Am D7 G6 G6
    G7 F#7 F7 E7♭9
    Am7 Am7 E♭7 D7
    GM7 Am7 D7 GM7 Bm7♭5 E7♭9
    Am7 D7 GM7 Am7 D7

    赤字がノンダイアトニックコード
    G6はノンダイアトニックですが、スケール音で構成されているため、意識しません。

    Bye Bye Blacbirdのアドリブアイディア

    Gメジャーペンタトニックをベースに随所でコードトーンを用います。
    Gメジャーペンタトニックスケール:G,A,B,D,E

    Step1.1-4小節をGメジャーペンタトニックでアドリブ

    ペンタの練習ですね。まずは1-4をペンタでアドリブしましょう。

    Step2.5-8小節 6小節目のBm7♭5 E7♭9をコードトーンを使ってアドリブ

    5 6 7 8
    GM7 Bm7♭5 E7♭9 Am7 D7

    Bm7♭5 E7♭9はノンダイアトニックで、ここでコード感をだすとめちゃめちゃおいしい部分です!
    Gメジャースケールに存在しない音をなるべく選んで使うようにしましょう。

    Bm7♭5 B D F A
    E7♭9 E F G# B D

    Step3. 9-12小節 のE7はG#を使え!

    Am7 E7 Am7 D7

    9,10 と 11,12をひとくくりに見て同じような形のフレーズを演奏してみましょう。
    Am部分はコードトーンやペンタトニックで、E7,D7は3度の音(それぞれG#,F#)を伸ばすだけというアドリブアイディアなどがあります

    E7 E G# B D

    Step4.33-36小節 コードトーンでアドリブ

    33 34 35 36
    G7 F#7 F7 E7♭9

    ここはすべてノンダイアトニック かつ 半音ずつ下がるめちゃめちゃおいしいポイントです(本日二回目)
    長い音を使ってもよいので、1小節ずつ同じ形(3度から1度をコードトーンを変える)でのアドリブなどをしてみるのが良いかなと思います。

    G7 G B D F
    F#7 F# A# C# E
    F7 F A C E♭
    E7♭9 E F G# B D

    フレッド・ジャクソン Dippin’ in the bag マイナーペンタフレーズ2


    フレッド・ジャクソンのDippin’ in the bagを耳コピしてみました。
    0:05当たりのフレーズです。


    Dマイナーペンタトニック+アプローチノートのフレーズです。
    Dから始まり、Aまで上昇後下降、そしてアプローチノート(C#)を使ってDで収束します。
    C#の音がいい味を出していますよね。

    ペンタトニックスケール一覧とフレーズ紹介

    ペンタトニックスケールの使い方、アドリブで即使えるフレーズを10フレーズ以上ご紹介いたします!

    メジャーペンタトニックスケール、マイナーペンタトニックスケール

    まずは一覧をどうぞ!

    メジャーペンタトニックスケールとマイナーペンタトニックスケールの一覧です。
    並行長(構成音が同じ)も記載します。
    例)
    CメジャーペンタトニックスケールはC,D,E,G,A
    AマイナーペンタトニックスケールはA,C,D,E,Gとなります。

    メジャーペンタトニック マイナーペンタトニック 構成音
    C A C,D,E,G,A
    C# B♭ C#,E♭,F,G#,B♭
    D B D,E,F#,A,B
    E♭ C E♭,F,G,B♭,C
    E C# E,F#,G#,B,C#
    F D F,G,A,C,D
    F# E♭ F#,G#,B♭,C#,E♭
    G E G,A,B,D,E
    G# F G#,B♭,C,E♭,F
    A F# A,B,C#,E,F#
    B♭ G B♭,C,D,F,G
    B G# B,C#,E♭,F#,G#

    メジャーペンタトニックスケールの構成

    Cメジャーペンタトニックスケールを例にとって構成音を考えてみます。
    CメジャーペンタトニックスケールはC,D,E,G,Aです。

  • 1.C,E,GはCメジャーの構成音
  • 2.D,Eはテンションノートの9th(D),13th(A)です。
  • →9th,13thはメジャー7th,ドミナント7thどちらでも使える音となっています。
    テンションノート一覧(早見表)

    メジャーペンタトニックスケール

    ダイアトニックコードというコード上であれば違和感なく使えます。
    具体的には以下の表のとおりです。

    Cメジャーペンタトニック CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7♭5
    C#メジャーペンタトニック C#M7 E♭m7 Fm7 F#M7 A♭7 B♭m7 C#m7♭5
    Dメジャーペンタトニック DM7 Em7 F#m7 GM7 A7 Bm7 Dm7♭5
    E♭メジャーペンタトニック E♭M7 Fm7 Gm7 A♭M7 B♭7 C#m7 E♭m7♭5
    Eメジャーペンタトニック EM7 F#m7 A♭m7 AM7 B7 Dm7 Em7♭5
    Fメジャーペンタトニック FM7 Gm7 Am7 B♭M7 C#7 E♭m7 Fm7♭5
    F#メジャーペンタトニック F#M7 A♭m7 B♭m7 BM7 D7 Em7 F#m7♭5
    Gメジャーペンタトニック GM7 Am7 Bm7 C#M7 E♭7 Fm7 Gm7♭5
    A♭メジャーペンタトニック A♭M7 B♭m7 C#m7 DM7 E7 F#m7 A♭m7♭5
    Aメジャーペンタトニック AM7 Bm7 Dm7 E♭M7 F7 Gm7 Am7♭5
    B♭メジャーペンタトニック B♭M7 C#m7 E♭m7 EM7 F#7 A♭m7 B♭m7♭5
    Bメジャーペンタトニック BM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7♭5

    マイナーペンタトニックスケール

    Aマイナーペンタトニックスケールを例にとって構成音を考えてみます。
    AマイナーペンタトニックスケールはA,C,D,E,Gです。

  • 1.A,C,E,GはAマイナー7thの構成音
  • 2.Dはテンションノートの11thです。
  • マイナーペンタトニックスケールの使い方

    ダイアトニックコードというコード上であれば違和感なく使えます。
    具体的には以下の表のとおりです。

    Cマイナーペンタトニック CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7♭5
    C#マイナーペンタトニック C#M7 E♭m7 Fm7 F#M7 A♭7 B♭m7 C#m7♭5
    Dマイナーペンタトニック DM7 Em7 F#m7 GM7 A7 Bm7 Dm7♭5
    E♭マイナーペンタトニック E♭M7 Fm7 Gm7 A♭M7 B♭7 C#m7 E♭m7♭5
    Eマイナーペンタトニック EM7 F#m7 A♭m7 AM7 B7 Dm7 Em7♭5
    Fマイナーペンタトニック FM7 Gm7 Am7 B♭M7 C#7 E♭m7 Fm7♭5
    F#マイナーペンタトニック F#M7 A♭m7 B♭m7 BM7 D7 Em7 F#m7♭5
    Gマイナーペンタトニック GM7 Am7 Bm7 C#M7 E♭7 Fm7 Gm7♭5
    A♭マイナーペンタトニック A♭M7 B♭m7 C#m7 DM7 E7 F#m7 A♭m7♭5
    Aマイナーペンタトニック AM7 Bm7 Dm7 E♭M7 F7 Gm7 Am7♭5
    B♭マイナーペンタトニック B♭M7 C#m7 E♭m7 EM7 F#7 A♭m7 B♭m7♭5
    Bマイナーペンタトニック BM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7♭5

    ペンタトニックスケールを使ったフレーズ


    ペンタトニックスケールを使ったフレーズ紹介動画

    譜面が存在する動画をご紹介いたします。
    マイナーペンタトニックスケールで解析してみています。

    Funky Licks with Saxophone


    シンプルだけどカッコいいフレーズが紹介されています。

  • A
  • 0:22-
    マイナーペンタをルートから16分音符でルートまで上昇

  • B
  • 0:32-
    マイナーペンタをルートから16分音符でルートまで下降

  • C
  • 0:42-
    7→1 7→1→m3→1→1
    マイナー7thコードの構成音のみ

  • D
  • 0:52-
    11→m3 1→7→m3→1→7
    7→1→m3→1→1だけでもリズムを変えると使えそうですね。

  • E
  • 1:02-
    7→1→m3→1→7→1→m3→1→7→1→m3→1
    Cの変形パターン

  • F
  • 1:14-
    5→5→5→ 5→5♭→11→1
    (ブルーノートスケールを下降)

  • G
  • 1:25-
    5→7→3m→1 5→7→3m→1
    マイナー7thコードの構成音のみ

  • H
  • 1:32-
    5→3m→1 5→3m→1
    マイナーコードの構成音のみ

  • I
  • 1:46-
    1→3→11→5♭→5→5♭→11→3→1
    (ルートから5までブルーノートスケールで上昇、下降)

  • J
  • ブルーノートスケール、ペンタトニックだけじゃないので割愛

  • K
  • 2:08
    5♭→5→5→5 5♭→5→5→5 5♭→5→5→5 5♭→11→3→1 

    ジャズ的なフレーズを弾くために知っておきたい事。Vol.1

    うちのサイトではないですが、非常に勉強になったのでご紹介させていただきます。
    ジャズ的なフレーズを弾くために知っておきたい事。Vol.1
    メジャーペンタトニックについての解説もありつつ、フレーズをいくつか紹介しています。

  • 1つ目
  • 5→3→1→3  5♭→3→1→3
    似たフレーズをブルーノートを使うバージョン、使わないバージョンの構成です

  • 2つ目
  • 5♭→5→7→1→3→3 11→5→7→1→3→3

  • 3つ目
  • 5→3→5♭→5♭→11→3→11→3→1

  • 4つ目
  • 3→ 5♭→5→7 5♭→5→7 5♭→5→7 3→1→1→5♭

  • 5つ目
  • サックスでは使いにくそうなので、解析してませんw

  • 6つ目
  • 5→7→7→1 5→1→5♭→1 5→7→1→7→5

    ペンタトニック、ブルーノート一発で演奏できる曲

    Blues
    Cissy Strut
    Chameleon
    等があります。

    フレッド・ジャクソン Dippin’ in the bag マイナーペンタフレーズ1


    フレッド・ジャクソンのDippin’ in the bagを耳コピしてみました。
    0:45当たりのフレーズです。


    Dマイナーペンタトニックのフレーズです。
    Dから始まり、ほとんどスケールの隣の音へ移動しているだけというシンプルな構成です。
    コピーしやすく覚えやすいですね。

    ドミナント7thの基本フレーズ

    ドミナント7thで使える基本的なフレーズを考えました。

    C7のフレーズです。

    1段目 7thで終わるフレーズです。
     1つ目のフレーズ 7thの音を強調するために一つ目のフレーズはコード度数でいうと「3→5→1→7」と5から7へ行かず1へ上昇、そして7へ下降という形です。
     2つ目のフレーズ 一つ目と同じアイディアの上昇、下降が逆になったバージョンです。
     
    2段目 7→5で終わる形にしました。
    3段目 7→1で終わる形にしました。

    初心者のジャズ上達記録(練習法、フレーズなどの公開) ジャズのお勧め曲のご紹介など1ジャズプレーヤー、1ジャズファンとして様々な情報を発信していきます。