But Not For Me コード進行からアドリブ解析




ミュージカル「Girl Crazy」のために書かれたポピュラーミュージックです。
様々な人が歌ったり、演奏していますが、私はChet BakerのBut Not For Meが一番好きです。
そんなBut Not For Meをコード進行をもとにどのようにアドリブしていけばよいか解析していきます。

But Not For Meのキーとダイアトニックコード


キー:F
ダイアトニックコード:FM7,Gm7,Am7,B♭M7,C7,Dm7,Em7(-5)

But Not For Meのコード進行

1-4 G7 C7 FM7 B♭7 Am7 D7
5-8 G7 C7 FM7 Cm7 F7
9-12 B♭M7 E♭7 FM7 Dm7
13-16 Gm7 Gm7 Gm7 C7
17-20 G7 C7 FM7 B♭7 Am7 D7
21-24 G7 C7 FM7 Cm7 F7
25-28 B♭M7 E♭7 FM7 B♭7 Am7 D7
29-32 Gm7 C7 F6 F6

赤字がノンダイアトニックコードです。
ノンダイアトニックが多く、スケール一発などではしんどそうですね。

But Not For Meの アドリブアイディア

G7 C7部分はFブルーノートスケールで!

G7 C7の部分はブルースの冒頭と同じコード進行なのでブルーノートスケールが使えます。

1-4,17-20小節アイディア

G7 C7 FM7 B♭7 Am7 D7

1-4,17-20小節は同じコード進行です。
・前半(G7,C7,FM7 B♭7)はブルーノートスケール
・Am7 D7はツーファイブフレーズ
・B♭7はFメジャースケールにないG#を使えるとベター!

5-8,21-24小節アイディア

G7 C7 FM7 B♭7 Cm7 F7

5-8,21-24小節は同じコード進行です。
・前半(G7,C7,FM7)はブルーノートスケール
・Cm7 F7はツーファイブフレーズ

9-16小節アイディア-1


・1-8まででブルーノートスケールを使ったのでここはFメジャーペンタを使ってみましょう。
・E♭はコードトーンを使いましょう。

9-16小節アイディア-2


・B♭M7 E♭7 FM7 はメジャートライアドの音でコード感
・残りFメジャーペンタ

25-28小節アイディア


・B♭M7 E♭7 FM7 B♭7 メジャートライアドでコード感
・Am7 D7 メジャーツーファイブフレーズ

29-32小節アイディア


Fメジャーペンタ

「But Not For Me コード進行からアドリブ解析」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です