カテゴリー別アーカイブ: スケールトレーニング

Step99 メジャースケールを用いた2-5フレーズ

オンライントレーニングで覚えたメジャースケールの実際の曲中で使えるアイディア(フレーズ)を紹介します。
※SAX&BRASSマガジンを参考にしております。

2-5フレーズ

コード進行はDm7→G7,Em7→G#M7・・・です。


解説

とっても簡単で、メジャースケールの開始音を2度の音に変えてスケールでキーの3度まで上昇→下降を行うだけです。

Dm7→G7を用いて説明します。
Dm7→G7のキーはCメジャーです。
Cメジャーの2度の音(D)からEまでスケールで上昇→そのあとスケールで下降するだけです。

ちなみにこのD開始のCメジャースケールをDドリアンスケールと言います。

スケールの練習としても最適なフレーズなのでぜひ全キーで練習してください。
私も練習します!

スケール編 Step01 メジャースケール

トレーニングの目的

スケールを使ったアドリブができるようになるためのトレーニングです。

トレーニング方法

下記音源に合わせてできるだけ譜面を見ず、コードトーンを見て演奏してください。

上昇下降パターン

譜面

メジャースケール1
メジャースケール1

メジャースケール1-2
メジャースケール1-2

音源
C 
B♭ 
E♭ 

コード進行

Cから半音進行です。
C→C#→D→E♭→E→F→F#→G→G#→A→B♭→B

本トレーニングのゴール

コードトーンだけを見て、音源を再生し、ずれることなく楽器を演奏できる。

irealを使う方はこちらをご覧ください。