カテゴリー別アーカイブ: ブルーノートスケール

Sonny Clerk(ソニー・クラーク)フレーズ


Sonny Clerk(ソニー・クラーク)のフレーズをご紹介いたします。

Sonny Clerkフレーズ1 ブルーノートスケール



Sonny ClarkのSoftly as in A Morning Sunriseを耳コピしてみました。



スケールのルートの音のDからフレーズは始まります。
F,F#,Gのあたりがブルーノートスケールらしい響きですね。

Sonny Clerkフレーズ2 ブルーノートスケール


こちらもSonny ClarkのSoftly as in A Morning Sunriseからのフレーズです。

Joshua Redman(ジョシュア・レッドマン)フレーズ


Joshua Redman(ジョシュア・レッドマン)のフレーズをご紹介いたします。

Joshua Redmanフレーズ1 ブルースフレーズ


Joshua Redman how we do
めっちゃかっこいいなぁと思って耳コピ一部してみました。
ブルーノートスケールのみで構成されています。
今回はCブルーノートスケールで表現しています。

Joshua Redman How we do フレーズ1
Joshua Redman How we do フレーズ1

Charlie Parker (チャーリー・パーカー)フレーズ


モダン・ジャズ(ビバップ)の父 チャーリー・パーカーのフレーズをご紹介いたします。

Charlie Parkerフレーズ1 ブルースフレーズ

キーはCです。
Now’s the timeのフレーズです。非常に有名なフレーズです。

Charlie Parkerフレーズ2 ブルーノートスケール

こちらもNow’s the timeのフレーズです。
Aブルーノートスケールで構成されています。(A,C,D,E♭,E,G)

E(トニック)のあとG(ドミナント)が二連続で続句部分は終息させたい!という気持ちを持たせます。
そこからのA(トニック)で終息させてそのあとブルーノートスケールの特徴的な音のE♭で違和感を持たせてC(トニック)で落ち着かせるという考えられたフレーズですね。

不安定続きから安定させる。
不安定な音は安定な音で挟み込むと良いのでしょうね。

Candy Dulfer(キャンディー・ダルファー)フレーズ

私の大好きなCandy Dulfer様のご機嫌でファンキーなフレーズを紹介します!

Candy Dulferフレーズ1 マイナーペンタトニック




Pick up the pieces 2:30あたりのフレーズです。
Dマイナーペンタトニックで構成されています。

Candy Dulferフレーズ2 ブルーノートスケール



sax a go goで使われているフレーズです。
Gブルーノートスケールで構成されています。

Candy Dulferフレーズ3 ブルーノートスケール



saxagogo


アドリブフレーズではなくSax a go goのテーマです。
Cブルーノートスケールです。