カテゴリー別アーカイブ: メジャーツーファイブ

Dexter Gordon(デクスター・ゴードン)フレーズ


Dexter Gordon(デクスター・ゴードン)のフレーズをご紹介いたします。

Dexter Gordonフレーズ1 メジャーツーファイブワン


DEXTER GORDON – Softly As in The Morningテーマからアドリブに入る58秒当たりのフレーズです。

コード進行Em A7

  • Em:スケール?
  • A7:C#(3),E(5),G(7),B♭(♭9th),1

    Fの音がなぜ使われているか説明ができないですが。。。
    A7のC#(3),E(5),G(7),B♭(♭9th)はC#のdimです。

  • メジャーツーファイブワンフレーズ


    私が考案したり、Youtubeなどから見つけてきたりした、メジャーツーファイブワンフレーズをご紹介します。

    メジャーツーファイブワンフレーズ1

    Cメジャーのツーファイブワンを考えてみました。

    メジャーツーファイブワンフレーズ2

    5度から始まるマイナー7thのフレーズアイディア(コード分散和音)
    オルタードスケールを用いたファイブのフレーズ案の一部をつなぎ合わせたフレーズです。
    ポイントは小節の終わりにはドミナントの音を使わないことです。
    ドミナントの音を使うとどうしても収束してしまいたくなるためです。

    メジャーツーファイブワンフレーズ3



    前半はアプローチノートを使ってみました。
    アプローチノートを使うとやっぱりおしゃれになりますね。

    最後の2小節はCメジャーペンタトニックを使ってます。

    メジャーツーファイブワンフレーズ4


    ジャズ初心者が覚えるべきメジャーツーファイブワンフレーズ①
    ジャズ初心者が初めに覚えるべきメジャーツーファイブワンフレーズ①

     

    1.メジャーコード、マイナーコードのルートから始まる1,3,5を用いたツーファイブワンフレーズ
    2.メジャーコード、マイナーコードの3,5,1を用いたツーファイブワンフレーズです。

    メジャーツーファイブワンフレーズ5 オーギュメント

    ドミナント7thコードでは ♭9th,9th,#9thの音が使えます。
    →つまりオーギュメント(1,3,#9)の音が使えます。

    ということでツーファイブワンのファイブではオーギュメントが使えます。

    いくつかファイブをオーギュメントにしたツーファイブワンフレーズを作ってみました。

    メジャーツーファイブワンフレーズ6 コード分散


    コードトーンのみで構成されたメジャーツーファイブフレーズです。
    コード進行はDm7→G7です。

    解説

    一小節目
     ・最初の二拍はコードトーンの上昇、下降フレーズ(1,3,5,7 or 7,5,3,1)
     ・後ろの二拍は7度の音を強調するためのフレーズ(3,5,1,7 or 3,1,5,7)
    二小節目
     ・コードの特徴を表す3度の音(メジャーコード、マイナーコードを聞き分けるための音)

    一小節目→二小節目のつなぎ部分は
    D→C→B(スケール的な加工)
    or
    A→C→B(Bの音を強調させるためにA→Cと上下から挟み込む
    という形になります。

    シンプルですがビバップ的なフレーズになっていますね。
    全キーで演奏することで、基礎練習にも使えます。

    メジャーツーファイブワンフレーズ7 アプローチノート


    アプローチノートとコード分散を使ったフレーズ
    アプローチノートとコード分散を使ったフレーズ

     

    アプローチノートとコード分散を使ったメジャー2-5-1フレーズです。
    コード進行はDm7→G7→C7です。

    解説

    Dm:ルートから7thまでコード分散で上がっていくだけ
    G7:3度→1度の半音上(アプローチノート)→1度→CM7の3度の半音上(アプローチノート)
    CM7:3度
    です。
    コード分散のトレーニング、7thのトレーニングにもってこいなフレーズです。
    派生形でいろいろなフレーズが作れそうですね!

    メジャーツーファイブワンフレーズ8 アプローチノート (東京事変 母国情緒)

    あ

    東京事変 母国情緒をアレンジしたメジャーツーファイブワンフレーズです。
    コード進行はDm7→G7→Cです。

    フレーズ解析

    すべてコードのルート音を起点にアプローチノートを使って構成しています。

    Dm7 G7 CM7
    D C# D G# G C

    メジャーツーファイブワンフレーズ9 コード分散

    分散和音メジャーツーファイブワン

    コード進行はDm7 G7 CM7です。
    コード分散和音のみを用いたツーファイブワンフレーズです。
    ようやくコードを覚える意味を見出したので、見出したからには使いたい!と思い考えてみました。

    メジャーツーファイブワンフレーズ10 メジャースケール(Afternoon in Parisテーマより)


    Afternoon in Parisのテーマからメジャーツーファイブワンを少しアレンジしました。


    コード進行はDm7 G7 CM7 です。
    覚え方のポイント
    コードというよりスケールで覚えた方が覚えやすそうです。
    ・1小節目はキーの音から上がっていきます。
    ・2小節目の二音目は6度(ファイブの全音上)から始まりルートメジャーの1,3と上がっていきます。
    ・終わりは1度音で終わらせます。

    メジャーツーファイブワンフレーズ11 メジャースケール(ラ・ラ・ランドより)

    ラ・ラ・ランドの映画のテーマからコピーしました。
    キーはCメジャーでコード進行はDm G7 CM7です。

    ただコード進行が2-5-1なだけで単純なスケールを使ったフレーズですね。。。

    メジャーツーファイブワンフレーズ12 メジャースケール(ビバップスケール)


    こちらの最後のほうに弾いているフレーズをパクりました。

    コード進行は順にDm7 G7 CM7です。

    Cメジャービバップスケールを使っていますね!(CDEFF#GAB)
    Cメジャーのツーファイブワンの時に使えると思います。

    そして始まる音が中途半端なタイミングから始まるのでなかなか使いにくいです。
    フレーズは2-5-1感が出ていてかっこいいんですけど。
    とおもったのですが、2小節のツーファイブワンなどにもってこいですね。

    覚え方
    入りの三音はCメジャースケールの5,4#,4
    2小節目の前半4音はDm7の5,7,9,1
    2小節目の後半4音はDm7の1どの音からスケール通りにGまで下がる。
    3小節目CM7の3,4,5

    ,6,1,3,2,1,7,6,5,3,4,5

    1小節メジャーツーファイブフレーズまとめ

    今までご紹介してきたメジャーツーファイブワンの中で個人的なお気に入りの1小節メジャーツーファイブフレーズをご紹介いたします。
    ※どこかで覚えたフレーズです。もしどこかのサイト様のフレーズをコピーしているようでしたら削除いたしますのでご連絡お願いいたします。
    DmG7CM7_

    Gm7-→-C7 →F

    But not for me 2小節メジャーツーファイブワンフレーズ


    坂道のアポロンのピアノソロの頭のツーファイブワンフレーズです。
    (2:29あたり)


    But not for meの二小節目フレーズ。
    Fメジャーのツーファイブワンフレーズです。

    ・Gm7(Ⅱの部分)Gm7のコード分散で5度上がっていきます。
    ・C7(Ⅴの部分)の一音目Gmの5度の半音下
    ・C7(Ⅴの部分)の二音目以降はC7の7度の音からFMスケールに従って下がっていきます。(キーのFの音を目指して)
    ・FM7の一音目:キーのトニック!一番落ち着く音
    ・FM7の二音目:ちょっとわかりません。ただスケール上の音なのでまぁいいでしょう。

    このフレーズは覚えやすく、なかなか汎用性が高そうです!

    But Not For Me練習④ 5~8小節目練習

    But Not For Me練習④ 5~8小節目練習で最後の7,8小節目のツーファイブフレーズです。
    どんな適当にこの手前を演奏していてもココでこのフレーズが入ればカチっとしまる感じがします。
    ほとんど以下のフレーズのパクリです。
    ビバップスケールを用いたメジャー2-5-1フレーズ
    度数で表現5,4#,4,6,1,3,2,1,7,6,5,3,4,5

    Gm7 C7 cm F7 A#M7
    C→C#に FMスケール A#メジャー2-5-1

    ビバップスケールを用いたメジャー2-5-1フレーズ


    こちらの最後のほうに弾いているフレーズをパクりました。

    コード進行は順にDm7 G7 CM7です。

    Cメジャービバップスケールを使っていますね!(CDEFF#GAB)
    Cメジャーのツーファイブワンの時に使えると思います。

    そして始まる音が中途半端なタイミングから始まるのでなかなか使いにくいです。
    フレーズは2-5-1感が出ていてかっこいいんですけど。
    とおもったのですが、2小節のツーファイブワンなどにもってこいですね。

    覚え方
    入りの三音はCメジャースケールの5,4#,4
    2小節目の前半4音はDm7の5,7,9,1
    2小節目の後半4音はDm7の1どの音からスケール通りにGまで下がる。
    3小節目CM7の3,4,5

    ,6,1,3,2,1,7,6,5,3,4,5

    7.オルタードスケールを用いたメジャーツーファイブワンフレージング

    altered


    まずは聞いてみてください。ツーファイブワンを作るための必修スケールオルタードを!
    適当に作りましたが、不安→安定を感じられると思います。

    作り方はいたって簡単
    コード進行は
    Dm7 G7 CM7で、G7のところでオルタードスケールを使っています。(Cメジャーのツーファイブワン)
    ツーファイブワンフレーズを作るうえで行ったこと
    1 トニック(CM7)はGの音を用いています。
    2 Gに向かうにあたり上から降りてくるフレーズは B♭ → A♭ → Gで終息させています。
    3 Gに向かうにあたり下から上がるフレーズ場合は D# → F → Gで終息させています。
    4 サブドミナントは適当にコード分散、スケールの音です。

    Gオルタードスケール:G G# A# B C# D# Fです。