2.ダイアトニック・コード

今回は即アドリブで使えるという内容の理論ではありません。

■アドリブをするときこのことを知っていると
・ダイアトニック以外のコードが出てきたときはそのスケール外の音を使うとコードの雰囲気が出る。
・やみくもにスケールを演奏するのではなく、収束感を出したければトニックの音で終わらせる。逆に浮遊感を持たせたいのであればドミナントで終わらせるなどということが考えられる。

ダイアトニック・コードとはメジャースケールもしくはマイナースケールの構成音からなる7つコードのことです。
具体的な例を出す
Cメジャースケールの構成音は
CDEFGAB

Cメジャースケールのダイアトニックコードは以下のようになっています。

コード名 構成音
CM7 CEGB トニック
Dm7 DFAC サブドミナント
Em7 EGBD トニック
FM7 FACE サブドミナント
G7 GBDF ドミナント
Am7 ACEG トニック
Bm7(b5) BDFA ドミナント

ご覧のようにコードの構成音もCメジャースケールの構成音で成り立っています。

またよく耳にするツーファイブワンのコード進行は
サブドミナント(Dm)→ドミナント(G7)→トニック(CM7)
という『そこそこ安定』→『不安定』→『落ち着き』というコード進行になっています。

トニック、サブドミナント、ドミナントに関してはこちらをご参照下さい。

ほかのダイアトニック

コード名 構成音
ⅠM7 CM7 C#M7 DM7 D#M7 EM7 FM7 F#M7 GM7 G#M7 AM7 A#M7 BM7 トニック
Ⅱm7 Dm7 D#m7 Em7 Fm7 F#m7 Gm7 G#m7 Am7 A#m7 Bm7 Cm7 C#m7 サブドミナント
Ⅲm7 Em7 Fm7 F#m7 Gm7 G#m7 Am7 A#m7 Bm7 Cm7 C#m7 Dm7 D#m7 トニック
ⅣM7 FM7 F#M7 GM7 G#M7 AM7 A#M7 BM7 CM7 C#M7 DM7 D#M7 EM7 サブドミナント
Ⅴ7 G7 G#7 A7 A#7 B7 C7 C#7 D7 D#7 E7 F7 F#7 ドミナント
Ⅵm7 Am7 A#m7 Bm7 Cm7 C#m7 Dm7 D#m7 Em7 Fm7 F#m7 Gm7 G#m7 トニック
Ⅶm7(b5) Bm7(b5) Cm7(b5) C#m7(b5) Dm7(b5) D#m7(b5) Em7(b5) Fm7(b5) F#m7(b5) Gm7(b5) G#m7(b5) Am7(b5) A#m7(b5) ドミナント

マイナー編

コード名 構成音
Ⅰm Cm C#m Dm D#m Em Fm F#m Gm G#m Am A#m Bm トニック
Ⅱm7-5 Dm7-5 D#m7-5 Em7-5 Fm7-5 F#m7-5 Gm7-5 G#m7-5 Am7-5 A#m7-5 Bm7-5 Cm7-5 C#m7-5 サブドミナント
ⅢM7 D#M7 EM7 FM7 F#M7 GM7 G#M7 AM7 A#M7 BM7 CM7 C#M7 DM7 トニック
ⅣM7 Fm F#m Gm G#m Am A#m Bm Cm C#m Dm D#m Em サブドミナント
Ⅴ7 G7 G#7 A7 A#7 B7 C7 C#7 D7 D#7 E7 F7 F#7 ドミナント
ⅥM7 G#M7 AM7 A#M7 BM7 CM7 C#M7 DM7 D#M7 EM7 FM7 F#M7 GM7 サブドミナント
Ⅶ7 B7(b5) C7(b5) C#7(b5) D7(b5) D#7(b5) E7(b5) F7(b5) F#7(b5) G7(b5) G#7(b5) A7(b5) A#7(b5) ドミナント

「2.ダイアトニック・コード」への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です