ジャズの種類についてご紹介

ジャズって一言で言ってもいろいろと種類があります。
例えばスイング、ビ・バップ、モード・・・などなどです。
今回はそういったジャズの種類についてご紹介しようと思います。
進化の歴史は以下のとおりです。
ただ初頭に出てきた音楽が廃れていった、というわけではなくそういった曲は今でも演奏されています。

・1930年代-1940年代 スイングジャズ
・1940年代-1950年代 ビ・バップ
・1960年代 モダンジャズ → フリージャズ
以降様々なジャンルが出現!

スイングジャズ


1930年代から1940年代初等のジャズ
舞踏会とかで演奏している感じのものです。
即興というよりは譜面ありきのビッグバンドのものが多いですね。
代表的なアーティスト:カウント・ベーシー、デューク・エリントン

ビ・バップ


スウィングジャズにあきたアーティストやアドリブ好きのアーティストがライブハウス終了後に集まってジャム・セッションをしたのが始まりといわれています。
コード感が聞き取れるようなアドリブもビ・バップの特徴です。
代表的なアーティスト:チャーリー・パーカー

モードジャズ


ビ・バップのマンネリ化しつつあるころにマイルス・デイビスがKind of blueというアルバムでその壁を打ち破りました。
その音楽こそモードジャズと呼ばれています。
ビバップより都会的な雰囲気がしますよね。
代表的なアーティスト:マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン

フリージャズ


ビ・バップがマンネリ化しつつあるころに打開しようとしたもう一つのジャズがフリージャズです。コードもくそもあるか!っていうようなジャズです。
聞いていただいてわかると思いますが自由すぎます。
個人的にはあまり好きではないかな。
代表的なアーティスト:オーネット・コールマン

フュージョン


電子楽器を多用しジャズとロックなどほかの音楽がフュージョン(融合)したジャズです。T-SQUAREの TRUTHは日本人なら一度は聞いたことあるのではないでしょうか。
代表的なアーティスト:ウェザー・リポート、T-SQUARE

アシッドジャズ


イギリスのクラブシーンから派生したジャズ。この辺に来るともうジャズって何者なんだろうって感じですが。個人的には大好物です。
代表的なアーティスト:ジャミロクワイ、suchmos

スムースジャズ


アメリカのラジオ局が使い始めたジャズのスタイル。ラジオ感がありますよね。

代表的なアーティスト:KENNY G,BOB JAMES

ジャズの種類についてご紹介まとめ

いろいろとジャズの種類についてご紹介してきました。
これを機にお気に入りのジャズを見つけてみてはいかがでしょうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です