John Coltrane(ジョン・コルトレーン)フレーズ


John Coltrane(ジョン・コルトレーン)のフレーズを解析、紹介いたします。
随時更新予定です。

John Coltraneフレーズ1 メジャー2-5-1

解析

<li>1小節目前半の4音 Dmの【5 3 1 5】の構成音です。</li>
<li> 1小節目後半の4音と2小節目の最初の音</li>
→G7の3度の音に向けて表拍(5,7)音は半音ずつ下がります。
→裏拍(6,8)音はDmの5度のまま

メジャーツーファイブと書いてはいますが、マイナー7thにあてこめますね。

フレーズアイディアを使ってフレーズ作成方法

作成したフレーズのご紹介(コード進行Dm→G7)

作り方
フレーズ後半部分
1.ターゲット音を決める(Gのコード構成音から)
2.できる限りコード構成音を使い半音進行での下がり方、上がり方を決める(表拍を決める)
3.裏拍の音をコード構成音から決める

フレーズ前半部分
4.適当にコード構成音を当てはめる

フレーズアイディアを使ってフレーズ作成例

コード進行Dm→G7

参考
Dmの構成音 D,F,A
G7の構成音 G,B,D,F

1.ターゲット音を決める(Gのコード構成音から)

ターゲット音はGとする

2.半音進行での下がり方、上がり方を決める(表拍を決める)

A→G#→Gと半音ずつ下がる。
AはDmの構成音

A ? G# ? G

3.裏拍の音を決める

AとGは使われているためDとする。

A D G# D G

4.適当にコード構成音を当てはめる

F D A D F A D G# D G

瞬時にフレーズを作る練習

1.コード構成音を覚える
2.フレーズ後半部分のパターンを覚える
1は基礎練ということで割愛
後半部分のパターンは以下の3要素が決まれ場システマチックに作れます。
このパターンを体に叩き込む練習です。

終着音×終着音へ上昇で行くか、下降で行くか×裏拍の音
これをもとに作成してみました。

終着音 上昇/下降 裏拍の音 フレーズ
G 上昇 D F D F# D G
G 上昇 A F A F# A G
G 下降 F A F G# F G
G 下降 D A D G# D G
B 上昇 F A F B♭ F B
B 上昇 D A D B♭ D B
B 下降 F D F C# F C F B
B 下降 A D A C# A C A B
D 上昇 F A F B♭ F C F C# F D
D 下降 A F A E A E♭ A D

これを一般化すると

開始音 終着音 上昇/下降 裏拍の音
Ⅰの3度 Ⅴの1度 上昇 Ⅰの1度
Ⅰの3度 Ⅴの1度 上昇 Ⅰの5度
Ⅰの5度 Ⅴの1度 下降 Ⅰの3度
Ⅰの5度 Ⅴの1度 下降 Ⅰの1度
Ⅰの5度 Ⅴの3度 上昇 Ⅰの3度
Ⅰの5度 Ⅴの3度 上昇 Ⅰの1度
Ⅰの1度 Ⅴの3度 下降 Ⅰの3度
Ⅰの1度 Ⅴの3度 下降 Ⅰの5度
Ⅰの5度 Ⅴの5度 上昇 Ⅰの3度
Ⅰの3度 Ⅴの5度 下降 Ⅰの5度

John Coltraneフレーズ2 メジャー2-5-1



2-5のあとキーを変えて2-5-1です。

Em7 A7部分の解析

Em7のところでCが使われている理由は、、、正直わかりませんが。。
それ以外の部分はコードトーンにのっとってますね。

Em7 A7
C G C E C# A C# E

Dm7 G7 C部分の解析

  • Dm部分 スケール上昇、4音目のF#はGへのアプローチノート
  • G7部分 2音目は♭13のテンションノートを使ってますが、それ以外はコードトーン
  • C部分 3度の音ですね。
  • このフレーズとてもビバップらしいフレーズですね

    John Coltraneフレーズ3 メジャー2-5-1


    最後のEm7 A7 D7の部分のツーファイブワンの解析

  • Em7部分 最初の音は9thのテンションノート!以降はコードトーン
  • A7部分 3、#11
  • D7部分 コードトーン(トライアド)
  • ほぼコードトーンだけでこんなにかっこよくなるもんなんですね。。。
    感服です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です