ディズニーソングのジャズアレンジ曲の魅力/特徴に迫る

みなさんは“ジャズ”と聞いてどのようなものを思い浮かべますか?

大半の方はジャズに対して落ち着いているといった印象を持ち、「喫茶店で流れていそう」といったようなイメージをされる方もいるのではないでしょうか。

そんな中、ジャズ特有の曲調を活かし、「既存している曲をジャズアレンジする」といったことも多くみられます。

その中でも有名なのが、ディズニーソングのジャズアレンジです。

ということでこの記事では、「そもそもジャズにはどのような特徴や魅力があるのか」という部分をおさらいしながら、そこからおすすめのジャズアレンジがされたディズニーソングを紹介していきます。

独特な雰囲気が魅力的!ジャズの特徴とは

まずはジャズについて、基本的な知識を見ていきましょう。

リズム感やアドリブに関してはジャズを語るうえで欠かせないものでもあります。

こうした基本的なところをしっかりと知っておくことでジャズアレンジされた曲をより楽しむことが出来るようになりますので、改めて確認していきます。

アドリブがあってこそのジャズ

「アドリブがなければジャズではない」と言っても良いほど、ジャズというのはアレンジ命のエンターテインメントなのです。

そのたねジャズの基本的な演奏の方法も、「最初に基本となるメロディーを演奏してそこからそれぞれの楽器がアドリブをはじめ、最終的にまた基本的なメロディーに戻って終わる」というものになっています。

この時のアドリブというのはもちろん演奏者どうしでも“どのようなアレンジをするか”という打ち合わせはありませんし、その場その場で即興で行うわけです。

一人一人の演奏者が行うアドリブでどれだけ観客を魅了することが出来るかというところが、演奏者の腕が鳴るところなのです。

ジャズはオフビートで雰囲気を出している

4拍子の場合、基本的には「1,2,3,4」とリズムをとるとき、「1,3」の部分が強拍になるものが多いです。主たる例としては盆踊りです。

こちらを聞いて、1,2,3,4と声に出してリズムをとってみるとわかると思いますが、いっち にー さん しー と1,3を強調して歌ってしまうはずです。

一方でジャズの場合にはその反対の「2,4」が強拍になるのです。後ほどご紹介するディズニーのジャズアレンジの楽曲に合わせて1,2,3,4と声に出してリズムをとってみてください。

その「いつもと違う感じ」というのも、ジャズ特有の独特な雰囲気を演出している大きな理由と考えることができるのです。

ディズニーソングのジャズアレンジ曲のご紹介

ディズニーソングのジャズアレンジされた作品を紹介していきます。 ジャズ特有の雰囲気を出しながらもディズニーソングのワクワク感も適度に残された、絶妙なブレンドがされている作品を、ご堪能ください。

勢いをつけたいときにぴったり!アンダー・ザ・シー ジャズアレンジ

アンダー・ザ・シー

ディズニー映画の中でも特に印象的で代表的な「リトル・マーメイド」の挿入歌である、「アンダー・ザ・シー」。

アップテンポな印象はそのままに、適度に遊び心を感じるアレンジがされています。

仕事をしていて「勢いをつけたい!」という場面に最適ですね。

仕事中におすすめ!ホール・ニュー・ワールド ジャズアレンジ

A Whole New World

王道ですね、「アラジン」で有名な「ホール・ニュー・ワールド」。

この動画の作品はドラムも使われていますが、そこまで主張が激しいドラムではないので、ジャズの落ち着いた雰囲気は壊れていません。

とはいえドラムなどのパーカッションが入っているので、仕事中にかけるのがおすすめです。

本アルバムをCDで持ってるのですが、ほかの曲も似た雰囲気で全曲通して聴いてみることもおすすめです。

夜のドライブデートとかにもいいかもしれませんね。

 

寝るときにおすすめ① コンパス・オブ・ユア・ハート ジャズアレンジ

コンパス・オブ・ユア・ハート

こちらはディズニーシーにある「シンドバッドの冒険 ストーリーブックヴォヤッジ」の挿入歌であり、「コンパス・オブ・ユア・ハート」のジャズアレンジ。

動画のタイトルにある通り、睡眠用として最適な作品です。

ピアノのみの演奏で、晴れ渡る大空と果てしなく青い海が思い浮かぶ一曲。

睡眠時にかければ落ち着いて眠りに落ちてしまいそうですね。

寝るときにおすすめ② ビューティー・アンド・ザ・ビースト ジャズアレンジ

ビューティー・アンド・ザ・ビースト

「こんな情熱的な恋がしたい」とスクリーンの前で胸を焦がした女性も多いのではないでしょうか、「美女と野獣」より「ビューティー・アンド・ザ・ビースト」です。

こちらの動画はピアノのみのジャズアレンジですので、寝る際におすすめの一曲です。

落ち着いたアレンジとなっていますが、やはりこのメロディーを聞くだけで劇中に登場するお城を彷彿とさせる一曲となっています。

まとめ ディズニーソング×ジャズは唯一無二の存在感

ここまでジャズアレンジされたディズニーソングを紹介してきました。

ディズニーを代表するような映画の挿入歌から、アトラクションの挿入歌をアレンジしたものもありました。

仕事の集中力を上げるようなものもありますし、逆に睡眠時にちょうどよい曲もあります。

ワクワク感を残しながらもジャズの独特な雰囲気も感じさせる、そんな他にない魅力を持つのがジャズアレンジされたディズニーソングの魅力です。 その場その場で自分を高めるときに、ぜひ聞いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です