カテゴリー別アーカイブ: フレーズづくり

Just Friendsのテーマ解析とツーファイブアイディア

Just Friendsの9,10,11,12小節目あたりのテーマ解析をしてみます。(B♭管向けに記述しているので他の楽器の方は読み替えてください

コード進行はAm7 D7 Bm7 Em7とします。

コード解析するにあたり必要な情報をまず記述します。

スケール情報

  • GメジャーペンタトニックスケールはGABDE
  • Gメジャースケール GABCDEF#
  • メジャースケール上のそれぞれの機能

  • トニック:GBE
  • ドミナントDF#
  • サブドミナント:AC
  • 9小節目

    9小節目はコード上はAmのコードトーンも含まれていますが、どちらかというとGメジャーペンタトニック(GABDE)を使っているように見えます。
    そして1,3拍はペンタのルート音であるGを使用
    それ以外はAmのコード音かつGメジャーペンタにあるEを使用(どちらもトニック)

    10小節目

    10小節目はF#(ドミナント)であるため終息感を感じさせず、次のBmへ行きます。

    11小節目

    9小節目と同じリズムでDF#(ともにドミナント)

    12小節目

    Emのコードトーン+Fを上がっていく。→13小節目の頭でE(トニック)を使い終息感を持たせる。

    ポイントをまとめると
    フレーズを引き延ばしたいときはドミナントの音を使う!
    移調したようなフレーズ(9小節目と11小節目)を使ってみる。

    ってかんじですかね。
    これを用いてツーファイブワンフレーズを作ってみようと思います。

    オルタードスケールを用いたファイブのフレーズ案



    オルタードスケールを用いたファイブのフレーズです。
    ファイブはメジャー、マイナーともにドミナントセブンスです。
    またドミナントセブンスのコード、テンションコードをいくつかピックアップするとオルタードスケールになります。

    3連符の上昇下降は上昇(下降)前、後の音を同じにする。

    コード分散の三連符は四分音符の頭に置き、その前後八分音符はコード分散和音をつかうをもう少し具体的にしたものです。

    いずれもDM7です。
    一つ目は開始、終了がE
    二つ目は開始、終了がD
    三つ目は開始、終了がE
    四つ目は開始、終了がD
    三連符の構成はDメジャーの357度(FAC)です。