カテゴリー別アーカイブ: 雑記

練習での気付き コード分散をなんとなく覚えることは大事

bye bye blackbirdもautumn leavesもコードが比較的覚えやすく、アドリブはそこそこいい感じに聞こえるようになってきました。
理由はなんとなくコードを覚えたから、フレーズを多少覚えたからにほかなりません。
逆にコードをあんまり覚えていない曲だといまいちです。

やはりコード分散和音を覚えることはいい感じのアドリブをするのに良いエッセンスになっているということ改めて気が付きました。

10月1週目の振り返りと10月2週目の目標

コード分散和音を意識してアドリブはできるようになってきました。
ただ、せっかく覚えたフレーズがあまり枯葉以外で使えていないなと感じています。

ということで来週は
枯葉以外の曲で枯葉で覚えたフレーズを使うということにしようと思います。
But not for me,bye bye blackbirdあたりですかね。

練習日誌9/29

再度コード分散和音のアドリブに戻りました。
全然できないです(笑)
ただこれができればアドリブがかなり良くなる感触はあります。
またできないことが見つかるというのは上達できるということだからよいことですよね。

9月4週目の振り返りと9月5週目の実施事項

9月4週目は煮詰まってました。。。
ただコード分散のアドリブ方法・・・つまりビバップの基本のアドリブ方法が分かってきました。

9月5週目はその辺を踏まえた練習をしようと思います。
まずは枯葉を題材に小節のつなぎ目の音を決めた譜面を作ります。月曜か火曜

まずは二部音符でアドリブ(コード分散のみで)

その次は四分音符でアドリブをできるようになりたいと思います。

八分はまだ厳しい気がするので、再来週かな。

またそれと同時にアドリブフレーズを用いた書き譜を作ろうと思います。
フレーズ間のつなぎ目を意識して。

ジャズ曲を聴いていて感じたフレーズのつなげ方

ジャズのアドリブで全音符を使う場面はあまりないと感じました。
特にビバップではそうです。
ということでフレーズとフレーズをつなぐ間にも八分音符を吹いてつなげる。
つまり言葉でいうところの接続詞的なフレーズがを使うべきなのだと思いました。

いわゆるオブリガード的フレーズを覚える事が重要なのだろうと感じました。

練習をしていて気が付いたアドリブが上達するための方法

アドリブとは曲に合わせて即興で演奏することです。
即興で演奏するということは頭の中でなっている音を楽器で演奏するということと同義だと思います。
これをさらに分解すると
マイナスワンを聞いてアドリブを歌えなければ絶対に楽器を持ってもアドリブはできません。

まずはマイナスワンを聞いて自分の考えたアドリブを歌えるようになりましょう。
そして次のステップとして自分の考えたアドリブを譜面に落とし込みましょう。

そしてアドリブを歌えるようになるために様々なフレーズをコピーしましょう。
そうすることによりアドリブが上達していくのではないかと思いました。

この一連の流れが瞬時にできるようになればアドリブができるということになるからです。

文章がおかしくなった気がしますが。。。。気が付いたことをメモってみました。

ジャズフレーズ(リック)について考えてみた

ジャズフレーズ(リック)ってその単語のとおり単語の組み合わせなのではないのかなと最近思い始めてきました。
フレーズを長くするために複数フレーズを組み合わせる方法アイディアを作った後に感じたのですが、短い単語同士をいい感じにつなぎ合わせフレーズ、センテンスにした結果がジャズフレーズなのではないのかなと思いました。
ということで今後は『単語』を考えたり、紹介していこうと思います。