3.ツーファイブワンコード進行一覧

まずは聞いてみましょう。
ツーファイブワンの譜面

1小節目がツー、2小節目がファイブ、3小節目がワンです。
2小節目で少し不安になって3小節目で落ち着く感じがしませんか!?

ツーファイブワンとは?

ツーファイブワンコード進行とは サブドミナント→ドミナント→トニック の進行でスタンダードジャズでは頻出するコード進行です。
※サブドミナント→ドミナント→トニックについては1.トニック、サブドミナント、ドミナントをご覧ください。

メジャーツーファイブワン、マイナーツーファイブワンとは?

■メジャーツーファイブワンとはメジャーキーのダイアトニック・コードのⅡm7、Ⅴ7、Ⅰの順で構成されているコード進行のことです。

■マイナーツーファイブワンとはマイナーキーのⅡm7♭5、Ⅴ7、Ⅰmの順で構成されているコード進行のことです。V7はノンダイアトニックになります。

ちなみに枯葉という曲は一つのキーのメジャーツーファイブワン、マイナーツーファイブワンのみでほとんど構成されているため、ジャズ初心者向けの曲といわれています。

メジャーツーファイブワンコード進行一覧

Ⅱm7 Ⅴ7
Bm7 E7 A
A#m7 D#7 G#
Am7 D7 G
G#m7 C#7 F#
Gm7 C7 F
F#m7 B7 E
Fm7 B♭7 E♭
Em7 A7 D
D#m7 G#7 C#
Dm7 G7 C
C#m7 F#7 B
Cm7 F7 A#

マイナーツーファイブワンコード進行一覧

Ⅱm7♭5 Ⅴ7 Ⅰm
Bm7♭5 E7 Am
A#m7♭5 D#7 G#m
Am7♭5 D7 Gm
G#m7♭5 C#7 F#m
Gm7♭5 C7 Fm
F#m7♭5 B7 Em
Fm7♭5 B♭7 E♭m
Em7♭5 A7 Dm
D#m7♭5 G#7 C#m
Dm7♭5 G7 Cm
C#m7♭5 F#7 Bm
Cm7♭5 F7 A#m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です