カテゴリー別アーカイブ: ジャズ曲分析

But Not For Me 初心者による解析




ミュージカル「Girl Crazy」のために書かれたポピュラーミュージックです。
様々な人が歌ったり、演奏していますが、私はChet BakerのBut Not For Meが一番好きです。

But Not For Meのキーとダイアトニックコード


キー:F
ダイアトニックコード:FM7,Gm7,Am7,B♭M7,C7,Dm7,Em7(-5)

But Not For Meのコード進行

1-4 G7 C7 FM7 B♭7 Am7 D7
5-8 G7 C7 FM7 Cm7 F7
9-12 B♭M7 E♭7 FM7 Dm7
13-16 Gm7 Gm7 Gm7 C7
17-20 G7 C7 FM7 B♭7 Am7 D7
21-24 G7 C7 FM7 Cm7 F7
25-28 B♭M7 E♭7 FM7 B♭7 Am7 D7
29-32 Gm7 C7 F6 F6

赤字がノンダイアトニックコードです。
ノンダイアトニックが多く、スケール一発などではしんどそうですね。

But Not For Meの アドリブアイディア

G7 C7部分はFブルーノートスケールで!

G7 C7の部分はブルースの冒頭と同じコード進行なのでブルーノートスケールが使えます。

1-4,17-20小節アイディア

G7 C7 FM7 B♭7 Am7 D7

1-4,17-20小節は同じコード進行です。
・前半(G7,C7,FM7 B♭7)はブルーノートスケール
・Am7 D7はツーファイブフレーズ
・B♭7はFメジャースケールにないG#を使えるとベター!

5-8,21-24小節アイディア

G7 C7 FM7 B♭7 Cm7 F7

5-8,21-24小節は同じコード進行です。
・前半(G7,C7,FM7)はブルーノートスケール
・Cm7 F7はツーファイブフレーズ

9-16小節アイディア-1


・1-8まででブルーノートスケールを使ったのでここはFメジャーペンタを使ってみましょう。
・E♭はコードトーンを使いましょう。

9-16小節アイディア-2


・B♭M7 E♭7 FM7 はメジャートライアドの音でコード感
・残りFメジャーペンタ

25-28小節アイディア


・B♭M7 E♭7 FM7 B♭7 メジャートライアドでコード感
・Am7 D7 メジャーツーファイブフレーズ

29-32小節アイディア


Fメジャーペンタ

Waltermelon Man 初心者による解析



ハービー・ハンコックの曲です。時々CMでも使われていますよね。

Waltermelon Manのキーとダイアトニックコード

テナーサックス(B♭)でのキーとダイアトニックコードです。

  • キー:G
  • ダイアトニックコードは GM7,Am7,Bm7,CM7,D7,Em7,F#m7(-5), 

Waltermelon Man のコード進行

G7 G7 G7 G7
C7 C7 G7 G7
D7 C7 D7 C7
D7 C7 G7 G7


G7,C7どちらもノンダイアトニックですが、演奏するうえではそこまで意識する必要はないです。(初心者見解)

Waltermelon Man のアドリブアイディア

Gマイナーペンタトニック、Gブルーノートスケールを組み合わせてアドリブ

Autumn Leaves 初心者による解析

一番初めにやるジャズスタンダード曲といっても過言ではないと思います。
コードはシンプルかつ、メジャーツーファイブ、マイナーツーファイブをつかう初心者におすすめの一曲です。
Cannonball AdderleyのAutumn Leavesが一番有名かと思います。

Autumn Leavesのキーとダイアトニックコード

テナーサックス(B♭)でのキーとダイアトニックコードです。

  • キー:Am
  • ダイアトニックコードは Am7,B#m7(-5),CM7,Dm7,Em7,FM7,G7 

Autumn Leavesのコード進行

Dm7 G7 CM7 FM7
Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6
Dm7 G7 CM7 FM7
Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6
Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6
Dm7 G7 CM7 FM7
Bm7-5 E7♭13 Am7 G#7 Gm7 F#7
Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6

赤字がノンダイアトニックコードです。

Autmun Leavesのアドリブアイディア

ツーファイブワンフレーズをインストールしている方はそれだけで乗り切れるでしょう。
ただやっぱり基本はAマイナーペンタトニックをもとにアドリブですかね。

Step1.1-4小節をAマイナーペンタトニックでアドリブ

ペンタの練習ですね。まずは1-4をペンタでアドリブしましょう。
Aマイナーペンタトニック:A,C,D,E,G

Step2.5-8小節 6小節目のE7♭13 Am6をコードトーンを使ってアドリブ

5 6 7 8
Bm7-5 E7♭13 Am6 Am6

E7♭13 E G# D F#
Am6 A C E F#

Step3.27-28小節 コードトーンでアドリブ

27 28
Am7 G#7 Gm7 F#7

ここはなかなかおいしいポイントです!
Am7はダイアトニックコードですが、コードトーンを意識して演奏しましょう!
半音ずつ下がっているのでルートの音だけ追いかけるというアイディアもありますね。

Am7 A C E G
G#7 G# C E♭ F#
Gm7 G B♭ D F
F#7 F# B♭ C# E

アドリブフレーズ例

メジャーツーファイブ部分のアドリブ例1


Autmun Leavesのメジャー2-5のシンプルなコードトーンのみのフレーズを2つ考えてみました。
コード進行はDm7 G7 CM7 FM7です。

コードトーンのみなので曲の雰囲気は出ていますよね。

Bye Bye Blacbird 初心者による解析

ジャズスタンダードですね。
マイルス・デイビスの演奏が一番有名ですかね。

Bye Bye Blacbirdのキーとダイアトニックコード

テナーサックス(B♭)でのキーとダイアトニックコードです。

  • キー:G
  • ダイアトニックコードは GM7,Am7,Bm7,CM7,D7,Em7,F#m7(-5)
  • Bye Bye Blacbirdのコード進行

    GM7 Am7 D7 GM7 Am7 D7
    GM7 Bm7♭5 E7♭9 Am7 D7
    Am7 E7 Am7 D7
    Am D7 G6 G6
    G7 F#7 F7 E7♭9
    Am7 Am7 E♭7 D7
    GM7 Am7 D7 GM7 Bm7♭5 E7♭9
    Am7 D7 GM7 Am7 D7

    赤字がノンダイアトニックコード
    G6はノンダイアトニックですが、スケール音で構成されているため、意識しません。

    Bye Bye Blacbirdのアドリブアイディア

    Gメジャーペンタトニックをベースに随所でコードトーンを用います。
    Gメジャーペンタトニックスケール:G,A,B,D,E

    Step1.1-4小節をGメジャーペンタトニックでアドリブ

    ペンタの練習ですね。まずは1-4をペンタでアドリブしましょう。

    Step2.5-8小節 6小節目のBm7♭5 E7♭9をコードトーンを使ってアドリブ

    5 6 7 8
    GM7 Bm7♭5 E7♭9 Am7 D7

    Bm7♭5 E7♭9はノンダイアトニックで、ここでコード感をだすとめちゃめちゃおいしい部分です!
    Gメジャースケールに存在しない音をなるべく選んで使うようにしましょう。

    Bm7♭5 B D F A
    E7♭9 E F G# B D

    Step3. 9-12小節 のE7はG#を使え!

    Am7 E7 Am7 D7

    9,10 と 11,12をひとくくりに見て同じような形のフレーズを演奏してみましょう。
    Am部分はコードトーンやペンタトニックで、E7,D7は3度の音(それぞれG#,F#)を伸ばすだけというアドリブアイディアなどがあります

    E7 E G# B D

    Step4.33-36小節 コードトーンでアドリブ

    33 34 35 36
    G7 F#7 F7 E7♭9

    ここはすべてノンダイアトニック かつ 半音ずつ下がるめちゃめちゃおいしいポイントです(本日二回目)
    長い音を使ってもよいので、1小節ずつ同じ形(3度から1度をコードトーンを変える)でのアドリブなどをしてみるのが良いかなと思います。

    G7 G B D F
    F#7 F# A# C# E
    F7 F A C E♭
    E7♭9 E F G# B D

    chameleon アドリブアイディア

    コード進行は大変シンプルで Cm7 F7 の繰り返しです。アドリブアイディアとしては下記スケールが使えます。Cm7,E7がダイアトニックコードとして含まれるのはB♭メジャーですので
    ・B♭メジャースケール(B♭,C,D,E♭,F,G,Am)
    ・B♭メジャーペンタ(B,C,D,F,G)
    がつかえますね。(ダイアトニックコード参考)

    間間でコード分散和音を挟むといったアドリブもよいと思います。

    Billie’s Bounceのテーマから得るアドリブのヒント①

    コード進行はG7→C7です。

    すごいですよね。
    何がすごいかっていうとアプローチノートとコードトーンしか使わずにメロディーができているところ!
    G7の初めの4音はアプローチノート、次の4音はコードトーン+C7のコードトーン!
    でC7に入ってからはコードトーンです。

    シンプルだけどビバップっぽさがよく出ているフレーズ。

    ・・・このアイディアを用いてなんとなく作ってみました。

    アプローチノートとコードトーンだけ

    なんですがいまいちかっこよくない。。。
    もう少し研究します。

    Girl from ipanemaコード解析と使えるスケール


    ボサノバどいえばこの曲ですよね。

    Girl from ipanema コード分析(inB♭)をしていきます。
    Bフラット管ではキーはGです。
    私はテナーサックス(Bフラット管)吹きなのでBフラット管での分析を行います。
    解析してみて初心者向けではないなと感じました。
    理由としては
    ・いろんなスケールが出てくる(ノンダイアトニックばかり)
    ・小節数が32ではない等ということで

    逆にノンダイアトニックを聞かせるだけでそれなりに曲っぽさは出るのかなとも思います。

    ダイアトニックコードを書き出します。※ダイアトニックについてはこちら参照

    ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(b5)
    GM7 Am7 Bm7 CM7 D7 Em7 F#m7(b5)

    キーがGなのでベースはGメジャースケールで演奏します。
    Gメジャー(G,A,B,C,D,E,F#)

    ■1~4小節 
    GM7 → A7
    A7はノンダイアトニックでAm7との違いは3度の音つまり、C#を使うことを心がけましょう。

    ■5~8小節 
    Am7 → D7 → GM7 → D7
    譜面によって違うかもしれませんがここはメジャーツーファイブワンで行きましょう。

    ■9~12小節
    GM7 → A7
    A7はノンダイアトニックでAm7との違いは3度の音つまり、C#を使うことを心がけましょう。

    ■13~16小節  
    Am7 → D7 → GM7
    譜面によって違うかもしれませんがここもメジャーツーファイブワンで行きましょう。

    ■17~20小節
    A♭M7 → D♭7
    変則的な4度進行です。
    A♭M7はD#メジャー
    D♭7はF#メジャー

    ■21~24小節
    BM7 → E7
    変則的な4度進行です。
    BM7はF#メジャー
    E7はAメジャー

    ■25~28小節
    CM7 → F7
    変則的な4度進行です。
    CM7はGメジャー
    F7はA#メジャー

    17~28はスケールがコロコロ変わりますので要練習ですね。

    ■29~32小節
    ・Bm7 → E7(-5) → Am7 → D7(-5)
    ここも4度進行ですがそれぞれスケールもバラバラ。。。
    コード分散で行きましょう。

    ■33~36小節
    1~4と同じです。

    ■37~40小節
    5~8と同じです。

    Now’s the time(ブルース)コード解析と使えるスケール

    Now’s the time コード分析(inB♭)をしていきます。
    Bフラット管ではキーはGMです。
    ピアノではFでNow’s the time やBugs grooveなどをまとめてFブルースなどと言ったりしますよね。
    チャーリーパーカー
    私はテナーサックス(Bフラット管)吹きなのでBフラット管での分析を行います。

    ダイアトニックコードを書き出します。※ダイアトニックについてはこちら参照

    ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(b5)
    GM7 Am7 Bm7 CM7 D7 Em7 F#m7(b5)

    Gブルーノートスケール一発でいけます!詳細は省きますが
    G,B♭,C,C#,D,Fを使うだけでブルージーに聞こえます。

    ■1~4小節 
    D7 → G7 → D7
    ノンダイアトニックですね。
    ここはブルーノートスケールもしくはGメジャースケールを使いましょう。

    ■5~8小節
    G7 → G#dim → D → F#m7 → B7
    G#dimはノンダイアトニックの音のG#
    B7はD#を使うとコード感がでます。

    ■9~12小節
    Em7 → A7 → D → Em7 → A7
    Em7 → A7 → D メジャーツーファイブワン
    Em7 → A7 メジャーツーファイブ

    Now’s the timeのチャーリーパーカーアドリブフレーズ
    Now’s the timeのチャーリーパーカーアドリブフレーズ2
    などが使えます。
    またジャズのアドリブを実践できるページにてブルースのアドリブ体験できます!

    Take Fiveコード解析と使えるスケール

    Take Five コード分析(inB♭)をしていきます。
    Bフラット管ではキーはFm(A♭M)です。
    私はテナーサックス(Bフラット管)吹きなのでBフラット管での分析を行います。

    ダイアトニックコードを書き出します。※ダイアトニックについてはこちら参照

    ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(b5)
    A♭M7 A#m7 Cm7 C#M7 D#7 Fm7 Gm7(b5)

    キーがFmなのでベースはFマイナースケールで演奏します。
    Fマイナー(F,G,A♭,A#,C,C#,D#)

    ■1~8小節 
    Fm7 → Cm7 の繰り返し
    ・Fマイナー一発でいけますね。

    ■9~12小節 
    C# → A#m7 → Cm7 → Fm7 → A#m7 → D#7 → A♭ → A♭7
    ・基本的にはFマイナー一発でOK
    ・A#m7 → D#7 → A♭ → A♭7はA♭のメジャーツーファイブワンを使えばなおよしですね。

    ■13~16小節
    C# → A#m7 → Cm7 → Fm7 → A#m7 → D#7 → Gm → C7
    ・基本的にはFマイナー一発でOK
    ・A#m7 → D#7はA♭メジャーのツーファイブで行きましょう!
    ・Gm → C7はFメジャーのツーファイブで行きましょう!

    以降
    Fm7 → Cm7 の繰り返し

    自由すぎてどうしてよいかわからない感がありますよね。
    Fマイナースケール一発で基本的にはOKですが、のっぺりした感じになってしまいますので、随所でコード分散やツーファイブワンフレーズを使いましょう。