カテゴリー別アーカイブ: ジャズ曲分析

All of youコード解析と使えるスケール

All of you コード分析(inB♭)をしていきます。
ピアノではキーはE♭
Bフラット管ではキーはFです。
私はテナーサックス(Bフラット管)吹きなのでBフラット管での分析を行います。

ダイアトニックコードを書き出します。※ダイアトニックについてはこちら参照

ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(b5)
FM7 Gm7 Am7 A#M7 C7 Dm7 Em7(b5)

キーがFなのでベースはDメジャースケールで演奏します。
Fメジャー(F,G,A,A#,C,D,E)

■1~4小節 
Gm7(♭5) → C7 → FM7 → Gm7(♭5) → C7(♭9)
FM7以外はノンダイアトニック。。。
だからこそそれぞれの音を使うと曲っぽくなるということ!
<演奏方法>
・Gm7(♭5) → C7 → FM7  マイナーツーファイブワンです。
・Gm7(♭5) → C7  マイナーツーファイブです。

■5~8小節 
Gm7(♭5) → C7 → FM7 → Gm7(♭5) → C7
FM7以外はノンダイアトニック。。。
だからこそそれぞれの音を使うと曲っぽくなるということ!
<演奏方法>
・Gm7(♭5) → C7 → FM7  マイナーツーファイブワンです。
・Gm7(♭5) → C7  マイナーツーファイブです。

■9~12小節 
Am7 → D7 → Gm7 → C7
<演奏方法>
来ました!ツーファイブばかり。
・Am7 → D7 でGMのツーファイブフレーズを
・Gm7 → C7 でFMのツーファイブフレーズを
使っちゃってください。

■13~16小節 
9~12小節と同じです。

■17~20小節
1~4小節 と同じです。

■21~24小節
<演奏方法>
・Gm7(♭5) → C7  マイナーツーファイブです。
・Am7 → D7 ツーファイブです。

■25~28小節
<演奏方法>
・Bm7(♭5) → E7  マイナーツーファイブです。
・Am7 → D7 ツーファイブです。

■29~32小節
<演奏方法>
・Gm7(♭5) → C7 → FM7  マイナーツーファイブワンです。

こう見るとツーファイブワン、ツーファイブフレーズばかりで構成されていますね。

St.Thomasテーマから考えるアドリブフレーズ(分析編)

St.Tohmasテーマから考えるアドリブフレーズを作るためにまずはSt.Thomasのテーマの分析をします。

解析をするにあたりダイアトニックスケール上の音の特徴を記述します。
トニック(落ち着く音) 1度,3度,6度
サブドミナント(普通の音) 2度,4度
ドミナント(落ち着かない音、トニックに解決したくなる音) 5度,7度

次にテーマの音をなんどの音を使っているかを記述します(4小節分)
D:ドミナント
S:サブドミナント
T:トニック

5(D)→1(T)→7(D)→6(T)→5(D)→6(T)→3(T)→4(S)→5(D)→1(T)→7(D)→1(T)
ドミナント→サブドミナントの流ればっかり!
とくに八分音符の裏拍や2拍目がトニックになっていることが多いです。

次回はこれをもとにフレーズを作ってみようと思います。

St.Thomasコード解析と使えるスケール

St.thomas コード分析(inB♭)をしていきます。
ピアノではキーはC
Bフラット管ではキーはDです。
私はテナーサックス(Bフラット管)吹きなのでBフラット管での分析を行います。

ダイアトニックコードを書き出します。※ダイアトニックについてはこちら参照

ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(b5)
DM7 Em7 F#m7 GM7 A7 Bm7 C#m7(b5)

キーがDなのでベースはDメジャースケールで演奏します。
Dメジャー(D,E,F#,G,A,B,C#)

■1~4小節 
D6 → F#m7 → B7 → Em7 → A7 → D6
<演奏方法>
・D6(メジャーシックスス)は6度の音Bを使え!
・F#m7 → B7 はEのツーファイブフレーズを使え
・Em7 → A7 → D6 はDのツーファイブワンフレーズを使え!

■5~8小節 
D6 → F#m7 → B7 → Em7 → A7 → D6
<演奏方法>
1~4小節と同じです。

■9~12小節 
F#m7-5 → C7(#11) → B7 → Em7 → B♭aug7 → A7
<演奏方法>
・F#m7-5 → C7(#11) → B7 → Em7 はもうEのツーファイブフレーズでいいと思います。
・B♭aug7(A#DF#G#)はコード分散和音を!とりわけA#,G#はスケールにない音なので使いまくりましょう。コード感が出ます。

■13~16小節 
D6 → D7 → G → G#dim7 → D → A7 → D6
・G#dim7 以外はDメジャースケールで!(D6のコード構成はDF#ABとスケールの構成音です・)
・G#dim7はコード分散和音(A#B#D#F#)ノンダイアトニックばかりでコード分散和音を引けばコード感がすごい出ます!

Billie’s Bounce テーマ解析(一部)アドリブ応用へ

Billie’s Bounce の1小節目のテーマを解析してみました。
アドリブに応用できるか!?
キーはGで一小節目はG7コードです。

・一音目G7の5度に向かうための5度の半音下のアプローチノート
・三音目ルートの音
・四音目G7の2度に向かうための2度の半音下のアプローチノート
・以降コードの分散和音
・ルートのGでおちつかせる。

・全体を通して
上がって下がってしていて、上がるとき(アプローチノートを用いた上がり方)と下がるとき(コード分散和音を用いた下がり方)の作りが少し違う。

→次回はコード分散で上がって、アプローチノートを使った下がり、ルートで落ち着くようなフレーズを作ってみようかと思います。

Moanin’のテーマ分析


Moanin’めちゃめちゃかっこいいですよね。

テーマの一部を切り出しました。

実はGブルーノートスケールのみで作られてます。
つまり、Moanin’のテーマはそのままブルースで使えます!

どのフレーズもGで始まり、Gで終わる。
そしてコール&レスポンスのような形である。
1-2小節目のフレーズはG7のコード分散

4,6小節目の3連符からのルート!というフレーズはいろいろなところで使えそうな感じがします。(2-5-1の1とか)

Fourのテーマからのアドリブフレーズ

オルタードスケール、メジャースケールを吹いていてFourっぽいなと思ったので書いてみました。

FOURのキーがFだった場合テーマの頭は
C,D,E → C,D,E → C,D,E → G,F,E → C,D,E♭
となっています。

Eのオルタードスケールでフレーズづくりをしてみます。
E,F,G,G#,A#,C,D

フレーズの切れ目がEで落ち着くようにフレージングすると
C,D,E → C,D,E → C,D,E → G,F,E というフレーズが出来上がります!

ツーファイブワンフレーズをFourっぽく演奏するっていうのも一つのアイディアかなと思いました。

度数でのフレーズ5,6,7 5,6,7 5,6,7 2,1,7 1,2,3♭

But not for meそこそこのレベルになる魔法の譜面(初心者向け)

理論にのっとりスケールを当てはめた譜面(?)を作ってみました。
(B♭用の譜面です)
キーがFなのでベースはFメジャースケールで演奏します。
Fメジャー(F,G,A,A#,B,C,D,E)
※ちょいちょい出てくるオルタードスケールについてはこちらご参照ください。

覚えるべきもの
・Fメジャースケール
・FMの2-5-1
・短いFM2-5-1
・短いGM2-5
・短いG#M2-5
・短いA#M2-5-1
・短いCM2-5

赤はノンダイアトニック
■1~5小節

G7 Gm7 C7 FM7 Am7 D7 G7
C→C#に FM2-5-1 GM2-5-1

■6~10小節

Gm7 C7 FM7 Cm7 F7 A#M7
FM2-5-1 A#M2-5-1

■10~13小節

A#m7 D#7 FM7 FM7
G#M2-5 Fメジャー

■13~16小節

Dm7 G7 Gm7 C7
CM2-5 FM2-5

■17~25小節

G7 Gm7 C7 FM7 Am7 D7
C→C#に FM2-5-1 GM2-5

■26~28小節

A#m7 D#7 FM7 Dm7
G#M2-5 Fメジャー

■29~32小節

Gm7 C7 F6 F6
FM2-5-1 F

But not for meコード解析と使えるスケール

But not for me コード分析(inB♭)をしていきます。
ピアノではキーはE♭
Bフラット管ではキーはFです。
私はテナーサックス(Bフラット管)吹きなのでBフラット管での分析を行います。

ダイアトニックコードを書き出します。※ダイアトニックについてはこちら参照

ⅠM7 Ⅱm7 Ⅲm7 ⅣM7 Ⅴ7 Ⅵm7 Ⅶm7(b5)
FM7 Gm7 Am7 A#M7 C7 Dm7 Em7(b5)

キーがFなのでベースはFメジャースケールで演奏します。
Fメジャー(F,G,A,A#,C,D,E)

■1~4小節 
G7 → C7 → F → Am → D7
<演奏方法>
・G7では♭5の音(C#)を使え!
・C7 → F はFメジャースケール
・Am → D7はGメジャースケール(Fメジャーとの差分 B♭→Bに C→C#)

<解説>
・G7では♭5の音(C#)を使うといいと書いてありました。(いきなり解説になっていない笑)
・C7 → F はキーがFの 5-1
・Am → D7はキーがGの 2-5

■5~8小節 
G7 → C7 → F → Cm → F7 → A#M7(9小節目)
<演奏方法>
・G7では♭5の音(C#)を使え!
・C7 → F はFメジャースケール
・Cm → F7 → A#M7はA#メジャーのツーファイブワン!(Fメジャーとの差分 E→D#)

<解説>
・Cm → F7以外は1~4と同じ
・Cm → F7はキーがA#の2-5

■9~12小節 
A#M7 → E♭7 → F → Em7(♭5) → A7 → Dm7(12小節目)
<演奏方法>
・E♭7はコード分散(D#,G,A#,C#)特にD#とC#を使うべし!
・FはFメジャースケール
・Em7(♭5) → A7 → Dm7はFメジャーのマイナーツーファイブワン!

<解説>
・A#M7に関しては前の小節の続き
・E♭7 謎です。。。とりあえずコード分散

■13~16小節 
Dm7 → G7 → Gm7 → C7
<演奏方法>
・Dm7 → G7はCメジャーのツーファイブフレーズ!(Fメジャーとの差分 B♭→B)
・Gm7 → C7はFメジャーのツーファイブフレーズ!

■17~24小節
1~8小節とおなじ

■25~28小節
A#M7 → E♭7 → F → D7
<演奏方法>
・E♭7はコード分散(D#,G,A#,C#)特にD#とC#を使うべし!
・FはFメジャースケール
・D7はコード分散(D,F#,A,C)特にF#を使うべし!

<解説>
・A#M7に関しては前の小節の続き
・E♭7 謎です。。。とりあえずコード分散
・D7謎です。。。とりあえずコード分散

■29~32小節
Gm7 → C7 → F → D7
<演奏方法>
・Gm7 → C7 → F
・FはFメジャーのツーファイブワンフレーズ!
・D7はコード分散(D,F#,A,C)特にF#を使うべし!

<解説>
・D7謎です。。。とりあえずコード分散

無料コード暗記用androidアプリ~コード覚え~に対応しました!

ジャズ曲分析

ジャズの曲のコード進行などを分析し、どこでどんなスケールが使えるかをまとめました。

ジャズ曲分析

You’d be so nice to come homeそこそこのレベルになる魔法の譜面(初心者向け)

少し大げさに書きました(笑)
理論にのっとりスケールを当てはめた譜面(?)を作ってみました。
(B♭用の譜面です)
枯葉とはうって変わって結構スケールチェンジが多いです。
とくにEMスケールへ変わるところは要練習ですね。
基本はCMスケールを使います。
1~4

Am Bm7(♭5) E7 Am
CMスケール Aマイナーツーファイブワン(Cメジャー)

5~8

Gm7(♭5) C7 FM7 FM7
Fマイナーツーファイブ(A♭メジャー) (FMスケール)B→B♭

9~12

Am Bm7(♭5) E7 Am
CMスケール Aマイナーツーファイブワン(Cメジャー)

13~16

F#m7(♭5) B7 Bm7(♭5) E7
Eマイナーツーファイブワン(Gメジャー) Aマイナーツーファイブワン(Cメジャー)

17~20

Am Bm7(♭5) E7 Am
CMスケール Aマイナーツーファイブワン(Cメジャー)

21~24

Gm7(♭5) C7 FM7 FM7
Fマイナーツーファイブ(A♭メジャー)

25~28

F#m7(♭5) B7 Bm7(♭5) E7
F→F#,G→G#,C→C#,D→D#(EMスケール) Aマイナーツーファイブワン(Cメジャー)

29~32

D7 G7 C Bm7(♭5)→E7
F→F#,C→C#(DMスケール) CMスケール Aマイナーツーファイ(Cメジャー)