カテゴリー別アーカイブ: オンライントレーニング

Step03 メジャー 8分音符で13531,35313,53135 半音進行

トレーニングの目的

トライアドの上がり、下がりを網羅的にかつ前までの練習より速い速度で練習します。

トレーニング方法

下記音源に合わせてできるだけ譜面を見ず、コードトーンを見て演奏してください。

1-3-5-3-1のパターン

譜面

音源
C 
B♭
E♭

3-5-3-1-3のパターン

譜面

音源
C 
B♭
E♭

5-3-1-3-5のパターン

譜面

音源
C 
B♭
E♭

コード進行(共通)

Cから半音進行です。
C→C#→D→E♭→E→F→F#→G→G#→A→B♭→B

本トレーニングのゴール

コードトーンだけを見て、音源を再生し、ずれることなく楽器を演奏できる。

Step02 メジャー 4分音符でルート以外始まり 半音進行

トレーニングの目的

一番簡単なルートからのメジャーコードのトレーニングをします。
今回は3-5-1,5-1-3のパターンを実施します。

トレーニング方法

下記音源に合わせてできるだけ譜面を見ず、コードトーンを見て演奏してください。

3-5-1のパターン

譜面

音源
C 
B♭
E♭

5-1-3のパターン

譜面

音源
C 
B♭
E♭

コード進行(共通)

Cから半音進行です。
C→C#→D→E♭→E→F→F#→G→G#→A→B♭→B

本トレーニングのゴール

コードトーンだけを見て、音源を再生し、ずれることなく楽器を演奏できる。

Step01 メジャー 4分音符でルート始まり 半音進行

トレーニングの目的

一番簡単なルートからのメジャーコードのトレーニングをします。
ルートから始まるコード分散和音のトレーニングはコードトレーニングの基礎中の基礎です。

トレーニング方法

下記音源に合わせてできるだけ譜面を見ず、コードトーンを見て演奏してください。

音源
C 
B♭
E♭

コード進行

Cから半音進行です。
C→C#→D→E♭→E→F→F#→G→G#→A→B♭→B

本トレーニングのゴール

コードトーンだけを見て、音源を再生し、ずれることなく楽器を演奏できる。

[hoge]

ジャズアドリブオンライントレーニングメニュー

ジャズアドリブはコード、スケールの組み合わせですべて説明ができるという前提のもとトレーニングメニューを作成いたしました。(作成中です)
私自身がテナーサックスということもありテーマ楽器むけのメニューになると思います。(サックス、トランペット、トロンボーンなど)

本オンライントレーニングのポイント

本オンライントレーニングでは以下のポイントを重視して作成します。

  • E♭管、B♭管、Cの楽器での3つ分のトレーニング
  • ゴールラインが明確にわかるトレーニング
  • コードトレーニング

    ジャズアドリブの基本はコードです。
    コードをベースのアドリブ=ビバップ的なアドリブとなります!

    メジャー、マイナーコードトレーニング編

    アプローチノートトレーニング編

    内容未定

    ディミニッシュ、オーギュメントトレーニング編

    内容未定

    メジャーセブンス、マイナーセブンス、ドミナントセブンス編

    内容未定

    スケールトレーニング

    メジャー、マイナースケールトレーニング編

    4度進行のマイナーコードトレーニング

    4度進行のマイナーコードトレーニングです。
    下記を再生し、コード分散のトレーニングを行いましょう。
    irealでこちらのリンクを開いてください。
    パターンとしては135,351,513,531,315,153の6パターンがテンポ120でできるようにしましょう。

    コード進行(C)

    Cm Fm B♭m E♭m
    A♭m D♭m F#m Bm
    Em Am Dm Gm

    コード進行(B♭)

    D Gm Cm Fm
    B♭m E♭m A♭m D♭m
    F#m Bm Em Am

    コード進行(E♭)

    Am Dm Gm Cm
    Fm B♭m E♭m A♭m
    D♭m F#m Bm Em

    アプローチノートのトレーニング① メジャー

    アプローチノートのトレーニングです。
    irealを用いてトレーニングを行います。

    トレーニング方法(Cメジャーの場合)

    こちらのリンクをirealで開き、トレーニングを行います。


    譜面的にはこんな感じです。
    コード分散の一つ前にアプローチノートを置きます。
    これをすべてのコード構成音で行います。
    上昇だけでなく下降も同様に行います。

    アプローチノートを使うことでスピード感が出る感じがしますよね。

    メジャースケールトレーニング

    スケールのトレーニングです。
    irealを用いてトレーニングを行います。

    トレーニング方法(Cメジャーの場合)

    1.こちらのリンクをirealで開きます
    2.繰り返し回数を7にセットします。
    3.1小節目でCDEFGABC、2小節目は休み→次の繰り返しの1小節目でDEFGABC、、2小節目は休みを繰り返し、BCDEFGAまで行います。

    下降(CBAGFEDC)も同様に行います。
    またこれをすべてのキーで行います。

    覚え方についてはスケールの覚え方(メジャー等)をご覧ください。

    4度進行のメジャーコードトレーニング

    4度進行のメジャーコードトレーニングです。
    下記を再生し、コード分散のトレーニングを行いましょう。

    パターンとしては135,351,513,531,315,153の6パターンがテンポ120でできるようにしましょう。

    コード進行(C)

    C F B♭ E♭
    A♭ D♭ F# B
    E A D G

    コード進行(B♭)

    D G C F
    B♭ E♭ A♭ D♭
    F# B E A

    コード進行(E♭)

    A D G C
    F B♭ E♭ A♭
    D♭ F# B E

    irealで開く場合はこちらのリンクをirealで開いてください。

    コードを覚えてもすぐかっこいいアドリブには繋がりませんが、コードトーンになにかを付け加えることでかっこいいフレーズになります。

    たとえばコードトーンにアプローチノートをつかうとbillies bounceのテーマになります。
    詳しくはコチラをご覧ください。